京都工芸繊維大学 ダビンチ(AO)入試

京都工芸繊維大学 ダビンチ(AO)入試 資質・能力・意欲+基礎学力の総合評価

menu

令和2年度ダビンチ(AO)入試の選抜方法とスケジュール

※詳細は必ず募集要項でご確認ください。

一般に行われているAO入試では、推薦入試と同様に小論文・面接が中心ですが、ダビンチ(AO)入試では講義や課題提示を受けてのレポート作成やグループディスカッションといった多様なスクーリングが行われます。ダビンチ(AO)入試そのものが、体験入学のようなプログラムになっているのが特徴です。

  • 出願手続
    令和元年9月2日(月)~9月10日(火)
  • 第1次選考 (スクーリング) 
    10月5日(土) [ 詳細]
  • 第1次選考では提出された出願書類及びスクーリングにより選考を行います。
    スクーリングの内容は次のとおりです。
    過去の選考内容はこちら

    プログラム(時間) 講義・レポート作成(9:20~)
    課程 課程に対応する学域ごと
    ねらい 基礎知識、数理能力、理解力、問題解決力、論理的思考力、文章表現力をみる。
    プログラム(時間) 課題提示・レポート作成(午後)
    (一般プログラム【一般】)
    ねらい 目的意識、学習意欲、読解力、語学力、論理的思考力、文章表現力、独創性、適性をみる。
    プログラム(時間) 英語スピーキング・ライティング(午後)
    (一般プログラム【グローバル】)
    ねらい 想像力、批判的思考力、問題解決力、意思決定力などを駆使して、与えられた課題を英語で達成する能力をみる。
    プログラム(時間) 地域課題レポート(午後)
    (地域創生Tech Program【一般】【地域】【社会人】)
    ねらい 地域社会等の課題に対する理解力、分析力、提案力をみる。また、語学力をみる。
     
  • 合格発表 10月16日(水)
  • 最終選考(スクーリング)
     11月2日(土)[ 詳細]
  • 最終選考では募集区分・課程ごとにスクーリングにより選考を行います。
    スクーリングの内容は次のとおりです。なお、スクーリングでは、基礎的な学力を問うことがあります。
    過去の選考内容はこちら

    応用生物学課程(一般) [ 詳細]

    プログラム 課題提示・レポート作成
    ねらい 論理的思考能力、問題分析能力、表現力をみる。
    プログラム 面接
    ねらい 説明能力、理解力をみる。
     

    応用化学課程(一般) [ 詳細]

    プログラム 面接
    ねらい 基礎学力、目的意識、自主性、適性などをみる。
     

    電子システム工学課程(一般) [ 詳細]

    プログラム 面接・口頭試問
    ねらい 自己の考えを説明する能力、質問に対する理解力、論理的思考能力、発想の斬新性、理数系の基礎学力などをみる。
     

    情報工学課程 (一般)[ 詳細]

    プログラム 講義・レポート作成
    ねらい 講義内容の理解および結論の導出過程から、基礎学力、論理的に思考する能力や考えを的確に表現する能力をみる。
    プログラム 課題提示・グループディスカッション
    ねらい 提示された課題の中から問題点と解決策を見いだす能力をみる。さらに、集団の中で他人の意見を理解し、協調して意見をまとめ上げる能力をみる。
     

    機械工学課程 (一般) [ 詳細]

    プログラム 課題提示・プレゼンテーション
    (一般プログラム【一般】)
    ねらい 自らの力で観て、考えて、創造し、それを表現する力の素養をみる。
    プログラム 課題提示・レポート作成
    (一般プログラム【グローバル】、地域創生Tech Program【一般】【地域】【社会人】)
    ねらい 自らの力で観て、考えて、創造し、それを表現する力の素養をみる。
     

    デザイン・建築学課程(一般) [ 詳細]

    プログラム 課題提示・グループディスカッション
    ねらい 問題分析力、プレゼンテーション能力、独創性、意欲、リーダーシップ、協調性をみる。
  • 合格発表 11月13日(水)
  • 入学手続 11月28日(木)
  • ダビンチ カレッジ・レディネス プログラム(入学前教育) 11月~令和2年3月