就職支援/最新情報

2017/1/4
就職相談室の利用について

 後学期も引き続き、就職相談室は開室しています。
就職に関することなら些細なことでも構わないので、是非利用してください。

<相談内容(例)>  
・これから就職活動を始めようとしているが、何から手をつけていいのか分からない  
・大学院進学か、就職をするか悩んでいる   
・面接練習をしたい  
・インターンシップで提出するエントリーシートを添削してもらいたい  
・内々定を獲得したが、今後も就職活動を続けるか、迷っている   等                               

<開室時間>
 月曜日・水曜日・金曜日…13:00~16:50(1コマ50分)
 火曜日・木曜日 …11:00~11:50/13:00~16:50(1コマ50分)

<予約方法 >
 1.学務課HP( https://portal.student.kit.ac.jp/ )へログイン
   ※ユーザーID・パスワードは、情報科学センターから配布されているものを使用してください。
 2.学生ポータル>各種申請>「就職相談予約」をクリック
 3.予約スケジュールを確認、希望日時の「予約ボタン」をクリックし、必要事項を入力のうえ予約完了してください。 ※就職相談室の詳細については、こちらをご覧ください。


2016/11/9
インターンシップ参加に係る届出書について

○インターンシップへの参加には届出が必要です

 インターンシップ(就業体験)に参加する場合は、下記により「インターンシップ(就業体験)届出書」を学生サービス課就職支援室就職支援係に提出してください。

 なお、教育実習、実践プロセスデザインⅠおよびⅡ等カリキュラムに予め組み込まれているインターンシップ及びアルバイト(雇用契約を伴うもの)については、届出は不要です。

 本学は、授業でインターンシップを実施したり、インターンシップの単位認定を行うなど、学生のインターンシップへの参加を推奨しています。

 インターンシップに参加することは、自分の職業適性を見極めたり、自分の将来設計について考えるきっかけになります。また、自ら主体的に職業を選択したり、職業意識を高めることができます。

 ただし、インターンシップに参加するということは、インターン先で物を壊したり(物損)、怪我をしたり、怪我をさせたり(人災)、交通災害など様々なリスクが伴います。

場合によっては、多額の賠償責任が発生する可能性もあり、保険への加入は必須です。
保険の適用を受けるにあたっては、以下にあるとおり、参加前の届出が重要となりますので注意してください。

 インターンシップへの参加には、①学生教育研究災害傷害保険、学研災付帯賠償責任保険、②受入先企業が加入している保険、③大学生協の学生賠償責任保険のいずれかへの加入が必要です。なお、①学生教育研究災害傷害保険、学研災付帯賠償責任保険については、事前に届出書の提出がないと保険が適用されない場合があります。

 また、保険の加入については企業から指示がある場合もありますので、受入先企業の指示に従ってください。

                 記

1.提出書類 : インターンシップ(就業体験)届出書(Word 形式/ PDF形式)

2.提出先  : 学生サービス課就職支援室就職支援係

3.提出期限 : インターンシップ開始日の1週間前

(過去に参加したインターンシップで、届出書を提出していないものがあれば提出をお願いします)

4.その他  : ・インターンシップの概要がわかる資料を添付すること
         ・単位認定を希望する場合は別途学務課に申請すること

 
(インターンシップ参加前)学生サービス課就職支援室へインターンシップの届出【必須】
                   ↓
               インターンシップへ参加
                   ↓

(インターンシップ参加後)学務課へインターンシップの単位認定の申請【任意】

 


2016/10/13

平成28年度大学、短期大学及び高等専門学校卒業・修了予定者に係る就職について

 このことについて、就職問題懇談会より通知がありました。

詳細については、こちらをご覧ください。

 


2016/05/13

平成28年熊本地震により被災した学生のみなさんへ

学生等震災特別相談窓口のご案内

 


2016/4/1(再掲)

平成28年度大学、短期大学及び高等専門学校卒業・修了予定者に係る就職について

 このことについて、就職問題懇談会より通知がありました。
詳細については、こちらをご覧ください。

 


2016/4/1(再掲)

平成28年7月以降の採用募集等を予定している「グローバル人材育成コミュニティ」を構成する支援企業について

 このことについて、文部科学省高等教育局学生・留学生課より通知がありました。
詳細はこちらをご覧ください。

 


2016/4/1(再掲)

「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」の「別紙:企業がインターンシップ等で取得した学生の広報活動・採用選考活動における取扱の考え方について」の改定について(お知らせ)

このことについて、文部科学省高等教育局専門教育課他より通知がありましたのでお知らせします。
詳細については、以下をご覧ください。

「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」の「別紙:企業がインターンシップ等で習得した学生サービス課就職支援室就職支援係情報の広報活動・採用選考活動における取扱の考え方について」の改定について(お知らせ)

(別添)企業がインターンシップ等で取得した学生情報の広報活動・採用選考活動における取扱いの考え方について

 


2016/4/1(再掲)

平成28年度(平成29年3月)大学、短期大学及び高等専門学校卒業・修了予定者に係る就職について(申合せ)について

 このことについて、就職問題懇談会より通知がありましたのでお知らせします。
詳細については、以下をご覧ください。

平成28年度大学、短期大学及び高等専門学校卒業・修了予定者に係る就職について(申合せ)について

 


2015/11/27

「求人票・掲示板閲覧システム」定期システムメンテナンスについて(お知らせ)

 平成27年12月1日より、定期システムメンテナンスが行われます。

メンテナンス時間帯は、「求人票・掲示板閲覧システム」の利用ができません。

 定期システムメンテナンス時間帯:午前2時~午前5時まで

 



2016/04/01(再掲)

卒業生の方へ

卒業生で就職相談室及び求人票閲覧システムを利用したい方は、

就職支援係までご連絡ください。

就職支援係:(075-724-7146・7149 平日8:30~17:15(土日を除く))

 


 

2016/04/01(再掲)

本学のロゴ入り履歴書について

 京都工芸繊維大学ホームページ、進路・就職に

本学のロゴ入り履歴書を掲載しました。

就職活動等にご利用ください。

 なお、KIT生協では、履歴書に適した紙(上質紙127g/㎡)

によるプリントアウトサービスを実施しています。

※本学指定の履歴書はありません。


2016/04/01(再掲)

求人票・掲示板閲覧システムについて

就職活動に役立つ様々な情報を求人票・掲示板閲覧システムに

掲載しています。ぜひご活用ください。

ログインは→こちら


2016/04/01(再掲)

自由応募によるインターンシップについて

自由応募によるインターンシップの覚書締結については、

こちらをご覧ください。

 


2016/04/01(再掲)

インターンシップに参加した方へ

インターンシップへの参加は、学生が自己の職業適性や将来設計について考える

機会となり、主体的な職業選択や高い職業意識の育成が図られます。

インターンシップに参加した方は、こちら をご覧下さい。

 


 

2015/04/01(再掲)

労働法制の基礎知識の普及に関する取り組みについて

標記の件について、厚生労働省より通知がありました。
本件は、就職活動のみならず、アルバイトをしていく上でもとても有益な情報となりますので、ご活用ください。

【厚生労働省のHP「知って役立つ労働法~働くときに必要な基礎知識~」】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouzenpan/roudouhou/


2016/04/01(再掲)

キャリア・インサイト(職業適性診断テスト)について

キャリア・インサイトは、利用者がパソコンを使って自らの適性を調べたり、
職業情報を検索したり、進路に関する情報を入手できるように支援するキャリアガイダンス・システムです。
キャリア・インサイトで職業選択のための情報を入手し、就職相談室の火・木・金曜日
担当のキャリア・アドバイザーに的確なキャリア支援をしてもらいましょう。
個別相談を受けることで、「より効率的なキャリア・ガイダンス」となるはずです。

キャリア・インサイトは就職資料コーナー(学生サービス課内)のパソコンにてご利用いただけます。

◆キャリア・インサイトEC
18歳~34歳程度で正規の職業経験が比較的短期間の若年求職者。
大学、短大、専門学校等の教育機関の在学生や学校卒業後、
非正規の仕事の経験はあるが正社員としての経験が短い人など。

◆キャリア・インサイトMC
35歳~69歳程度で職業経験がある方。


2016/04/01

内定辞退について

内定辞退は、企業から見れば大変な損失であり迷惑を被ることになります。
内定を辞退する場合は、くれぐれも失礼のないように、慎重な態度で臨むようにしてください。


2016/04/01

採用内定取り消しについて

 


 

 

過去の情報は
H28年度
H27年度
H26年度