博士後期課程 設計工学専攻

専攻の紹介

 設計工学専攻では、ものづくりの設計・製作・評価過程の全般を見通しつつ、どの過程をもこなせ、さらに、製作しようとするものが、いつどこでどんな風に役立つかを設計過程において明示できる高度専門技術者、研究者を育成します。

教育プログラム

 設計工学専攻では、具体的に、次の(1)~(6)に掲げる例のように、エレクトロニクス、情報・通信、機械システム、並びにデザインマネジメントにわたる範囲をカバーし、21世紀の最先端ものづくりに係わる独創的な設計工学(engineering design)手法を展開・適用できる高度専門技術者、研究者を育成する教育と研究を遂行しています。

  1. 素材の解析、評価、加工、及びそれらのシステム化を含めた理論の構築と応用。
  2. 情報を解析するための数理的手段の考案。
  3. コンピュータのハードウェアやソフトウェア及び人間との係わり合いに配慮した総合的情報システムの開発。
  4. 光通信を含む情報伝達等に関わる諸問題の解決。
  5. 情報処理や生産技術体系等の複雑な複合システムについての解析、評価、計測、予測、及び制御。
  6. 材料の選定から各種工業製品の製作に至る一連の工程についての構成、評価、設計、加工、管理、及びその最適化や知能化。

学部・大学院・センター