履修証明プログラム「KITリカレント教育プログラム ヘリテージ・アーキテクト養成講座」

昨今、文化財保護の対象の拡大、歴史的建築物の活用の促進など、建築や都市の保存再生の社会的意義の認知やその実例が格段に広がりつつあり、またヘリテージ・マネージャーの養成が全国で進み、文化遺産保護を支える人材の裾野が広がってきています。特に、使い続けられることを前提とした近現代建築の保存活用の機会が広がることで、保存再生のデザインのあり方に多様な問題が立ち現れるようになってきました。
 京都工芸繊維大学では、2015 年度より大学院建築学専攻に特別教育プログラム「建築都市保存再生学コース」を設置し、建築や都市の保存再生事業をリードしうる人材の育成に向けた教育を進めるとともに、シンポジウムや特別研究会を開催し、保存再生に関わる最新の研究及び情報を集積・発信してきました。これまでの教育研究の蓄積を踏まえ、2020 年度より、社会人を対象とするリカレント教育プログラム「ヘリテージ・アーキテクト養成講座」を新たに開講することになりました。
 本学大学院の建築都市保存再生学の教育研究におきましては、近現代建築を主な対象とし、使い続けることを前提とした保存再生デザインを主導できる人材の育成に取り組んできました。社会人を対象とする本養成講座では、より建築の実務に特化してリビング・ヘリテージの保存再生デザイン及び活用提案を行う高度な能力を有する人材、すなわち「ヘリテージ・アーキテクト」を養成することを目的とした教育を行います。

開催日時等
2020年9月26日(土)~2021年2月20日(土)
原則隔週土曜日 10:30~17:40(17:10)(全11回 計60時間)(予定)
※詳細の開講日時(予定)はこちらをご覧ください。
※第1回(9/26)、第5回(11/14)、第9回(1/23)、第10回(2/6)の4回の講義は、1限から4限まで全てリモート授業となります。
プロジェクト講評会と当日午前中の講義は大学内で受講となり、見学会・プロジェクト見学会は京都市近辺の保存再生事例の見学を予定しています。
※今後の状況によっては、全てオンラインとなる等、実施方法等が変更になる可能性があります。
履修資格
建築士(一級、二級、木造建築士のいずれか)の資格を有すること。
かつ、ヘリテージマネージャー(文化財マネージャー)修了認定保持者が望ましい。
定 員
20名
受講料
90,000 円
※見学会、プロジェクト見学会当日の入館料、交通費等は自己負担となります。
申込期間
2020年7月17日(金)~2020 年8月14日(金)(当日消印有効)
※申込多数の場合は書類選考
詳細・申込
詳細・申込方法については、
Webサイトをご覧ください。
開催会場
京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 講義室 等
アクセス
後援
一般社団法人日本イコモス国内委員会
一般社団法人 DOCOMOMO Japan
京都市文化財マネージャー育成実行委員会(NPO 法人古材文化の会、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター、一般社団法人京都府建築士会、京都市)
京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab
問い合わせ
京都工芸繊維大学ヘリテージ・アーキテクト養成講座事務局
E-mail: hakit[at]kit.ac.jp (※[at]を@に変換して下さい。)
※問い合わせは、メールにて事務局にお願いします。
※返信には2、3営業日かかることをご了承下さい。
※月曜日~金曜日、9 時~17 時(土日の問合せは週明け月曜日以降になります。)