大学の特色

先端科学技術から造形美まで

本学は、工芸科学部1学部で構成される工科系大学で、それ程大きな規模の大学ではありませんが、バイオ、材料、電子、情報、機械、環境などの先端科学技術分野から建築・デザインまでの幅広い分野において、ものづくりを基盤とした「実学」を目指した個性ある教育研究を行っています。

人間と環境重視の科学技術

本学は、100年を超える歴史の中で、常に「人間の感性を涵養し、精神的な潤いや自然との調和を強く意識した、普遍性のある科学技術の創生」を基軸に教育研究を行ってきました。
効率に偏重した20世紀の科学技術が行き詰まり、見直されようとしている現在、本学が培ってきた人間と環境を重視した科学技術は、これからますます重要になっていきます。

緑と歴史に恵まれた素晴らしい教育研究環境

1200年の歴史を有する京都は、芸術・文化の伝統と蓄積があり、同時に世界の優れた頭脳が集う知性溢れる国際学術研究都市でもあります。
本学は、この京都の都心に近いにもかかわらず、比叡山の麓の豊かな緑と数多くの史跡に囲まれた洛北の地にあります。歴史と自然に触れ合いながら、卓越した知性と進取の気風の漂う中で、創造性と感性を自ら育み磨いていくことができます。