博士前期課程(修士課程)造形工学専攻

造形工学専攻HPへ

造形工学専攻は、学部教育で培った鋭い感性と、工学技術に対する幅広い知識を前提として、生活空間の形成をみずから実践するための方法、また人間環境の特質を理解するための方法を教育研究し、より専門的な高度の学識と研究能力、および実践力・構想力を養います。

本専攻では教育研究コースとして、造形建築学専修と造形文化学専修という二つの専修を設けています。

造形建築学専修は、主として建築計画・設計とまちづくり、建築の意匠・構造・設備の各分野の設計、歴史的環境の分析とその保存など、人工物環境のよりよい成長をめざします。

造形文化学専修は、歴史、思想、社会科学といった多様な角度から人間環境の意味を捉え、造形芸術の本質に迫ることをめざします。

これら二つの専修が相互に関係しあって、芸術と工学の統合をめざす造形工学を形成しており、どちらの専修に所属する学生も、両専修の授業科目を履修することができます。さらに、建築設計学専攻およびデザイン科学専攻との緊密な連携を築いて、多彩な授業科目を設けています。
教育コースには、研究を主に行って修士論文を作成する論文コースと、建築設計等の実務訓練を受けて修了作品を制作する特定課題型コースがあり、実務訓練の指定科目の単位を取得すれば、取得単位数に応じて一級建築士受験資格に必要な建築実務経験年数が与えられます。
また、本専攻と関わりの深い学内施設として美術工芸資料館と造形工房があります。これらの施設は、造形工学専攻における教育研究に寄与するところが大きく、附属図書館、情報科学センターと併せて、その活用を期待します。

学部・大学院・センター