生体分子応用化学課程

生体のメカニズムを基に、新しい物質を創成する

生体分子応用化学の目的は生命現象のメカニズムそのものを解明することよりも、「化学」の視点を軸として近年明らかになってきている生体のメカニズムを基に、新しい物質を創生するとともに、あたらしい概念を提唱することです。

教育プログラム

将来の社会、環境を支える科学技術者としての能力と倫理的判断を育むことを目標として、応用化学分野での高度な能力を保証できる国際的レベルの教育を展開します。また、これらの教育の基本となる人文社会科学と自然科学における基礎的素養も身につけることができるように配慮しています。この目標を達成するために、人文社会科学と自然科学における基礎的科目を学んだのちに、物理化学、有機化学、生体関連化学および高分子化学を主とする応用化学分野の専門基礎科目・課程専門科目を履修します。これらの科目は生体分子応用化学課程が教育・研究のメインテーマとしている1)生体分子の機能解析、2)生体由来分子の応用化学、3)人工分子の生体応用工学、4)生体の知恵を実現する化学 の4つの分野の基盤となっています。また実験・演習を通じて、各自が原理だけでなく技術・方法を体得し、判断力・説明力を身につけることを目指します。

学部・大学院・センター