博士後期課程

バイオテクノロジー専攻

  • 人材育成の目標
    分子から生態までの広範な領域の生命現象に関する基礎知識を修得するとともに、その有効利用のためのバイオテクノロジーを活用して、ワールドワイドに広い分野で活躍できる研究者・リーダー的技術者の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    生物学、生物化学に関し特に優れた知識を有し、実験科学に関する豊かな創造性、英文の読解や表現に優れた人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 生命と自然に対する敬愛
    • 探求心と観察力
    • 柔軟な発想
    • 独創的チャレンジ精神
    • コミュニケーション力

物質・材料化学専攻

  • 人材育成の目標
    物質・材料化学専攻では、生体機能への化学的アプローチ(バイオインスパイアード化学)、ナノ・マテリアル、精密物質設計・合成(モレキュラーデザイン)、ソフトマテリアル、フォトエレクトロニクスなどの領域における教育研究を通じて、次代を担う革新的な物質・材料開発研究において基礎及び応用の両面で先導的な役割を果たす、創造性豊かで実践的外国語能力や国際経験を持ち国際舞台で活躍できる優れた人材の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    物質・材料化学における開発研究に強い興味と意欲を持ち、創造的研究を遂行する上で不可欠な基礎知識、英語の理解力及び問題解決能力を備えた者を選抜します。
  • 求める能力と適性
    • 自然科学全般およびその社会貢献への関心
    • 物質・材料化学の研究に関する素養
    • 基礎的な研究立案能力および論文作成能力
    • 論理的思考力
    • グローバルな視野

電子システム工学専攻

  • 人材育成の目標
    エレクトロニクス基盤技術や情報通信技術を修得するとともに、電子システム工学に関する高度な専門性を基盤として特定の課題を探求し解決する能力を有し、俯瞰的視野に立って課題発見能力を有する人材、さらに、課題解決が社会に提供する価値を最大化する方向に向けて知の構造化、再構成をはかる能力を有する人材の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    修学及び研究活動に必要な英語力並びに専門基礎学力を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 電子システム工学に関する専門知識
    • 論理的な思考力と設計能力
    • 数理的解析能力
    • 感性と創造力
    • 自己表現能力
    • チャレンジ精神と行動力

設計工学専攻

  • 人材育成の目標
    設計工学専攻を構成する個別工学分野における高度の専門性を習得し、研究・開発を創造的に展開できる能力を有する人材の育成、個別工学の専門を基盤として、ものづくりを価値基準設定から設計、製作、評価へと展開する設計工学の手法を習得した人材の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    個別工学分野の高度の専門性を習得するための基礎学力、ものづくりの創造的な展開に対する意欲と実行力、グローバルに活動を展開するための言語運用能力等を選抜の基準とします。
  • 求める能力と適性
    • 個別工学の専門性を深めるための基礎学力を有し、既成概念にとらわれない判断力を有する人
    • 個別工学の枠を越えたものづくりを創造的に開拓・展開しようとする意欲と実行力を有する人

デザイン学専攻

  • 人材育成の目標
    ①デザイン学領域
    専門的デザイン能力をベースに、京都独自の伝統意匠の理論・方法論も活かして革新的な製品やサービスをデザインするとともに、社会問題を解決できるデザイン能力、発見能力を持つ。また、海外招聘のデザイナーや研究者の指導のもと、異分野混合チームでのプロジェクト等を経験させることで、国際的に展開・実装する能力を修得させる。
    ②価値創造学領域
    美術、デザイン、建築などの作品や作者についての深い洞察に根ざした「論理構築」とキュレーション(展示企画)の実現と、作品や作者の「価値」を自らの視点で言葉や展示にして、世界に発信することができる人材の育成を目的とする。
  • 選抜の方針・ポリシー
    デザインに関する応用的・横断的知識と制作経験を持ち、柔軟で独創的な発想力を備え、深いデザインとその周辺知識に加え実践的なデザイン方法論を研究・実践していく意欲ある人を求めます。また、知識習得ならびに理論的研究のみならず、美術館・博物館での展示等の社会的実践に繋げていく意欲のある人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 美に対する感受性
    • 人間や環境に対する深い関心
    • 理論と実践のバランス
    • 独創的な思考力と展開力
    • 強い意欲と行動力と実装力

建築学専攻

  • 人材育成の目標
    本専攻は、博士前期課程同様に、京都において都市・建築学を学ぶことの意味を最大限に活かした教育・研究を行う。地球規模で考えながら、京都という場でしか掴み得ない能力を磨くこと。本専攻ではこれを<KYOTO デザイン>と銘打って教育、研究、実務を行い、地域と歴史に根ざすとともに国際的な競争力のある高度な都市・建築専門家及び高い専門性を持つ自立した研究者を育成する。博士前期課程で身に付けた知識・技能あるいは、実社会で身に付けた実践的設計能力と実績に基づいて、後期課程では、より高度な設計哲学とそれに基づく実践的な設計能力の評価、さらに、研究者・教育者としてのより専門性の高い研究を実践する。具体的には、都市や建築のストック評価のための建築史、再生・活用のための計画論、そしてそれらを具体的な都市空間や建築として統合するための表現論といった3つの領域に対して、それぞれ研究を行い、新たな設計論、空間理論を構築するとともに、それを実践した建築作品の専門誌への作品掲載、様々な建築設計競技へのエントリー、または学会誌への掲載を経て、それらを統合する形での統合論文をもって学位授与対象として審査を行う。また、建築ストックの保全や都市再生に関わる技術・技能に関してより専門性の高い研究を行い、新たな技術や理論を開拓する。具体的には、ストック評価のための建築史、建築の用途変更や保全のための新たなサスティナビリティ計画論、既存の構築物を診断、補強するための建築保存工学、修復・再生のための保存活用デザイン、ストックを社会的に扱うための再生マネジメントの5つの分野に対して、それぞれ調査・研究を行い新たな技術・理論の開拓を行う。その結果として、そうした新たな技術や理論を自ら開拓でき、さらにそれを背景として、ストック社会の構築をリードできる人材が養成される。
  • 選抜の方針・ポリシー
    国際的な競争力のある高度な都市・建築専門家及び高い専門性を持つ自立した研究者になるための素養を持ち、なおかつ、京都において都市・建築学を学ぶことの意味を理解し、地球規模で考えながら、幅広い建築学の能力を磨く強い意志を持っている人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • ストック評価のための建築史
    • 建築の用途変更や保全のための新たなサスティナビリティ計画論
    • 既存の構築物を診断
    • 補強するための建築保存工学
    • 修復・再生のための保存活用デザイン
    • ストックを社会的に扱うための再生マネジメントなどの分野に対して、調査・研究を行い新たな技術・理論の開拓を行うための適性と能力

先端ファイブロ科学専攻

  • 人材育成の目標
    テキスタイルサイエンス・エンジニアリングを基礎とする「人と環境に優しいものづくり」に関する教育研究活動を通して、自らの力で研究開発目標を設定し、それを具現化するための技術課題を見出し、さらには解決することができる総合力に優れた国際的に通用する人材を育成することを目標とします。
  • 選抜の方針・ポリシー
    自然科学に関する基礎学力を備え、自身の研究に閉じこもること無く広く知識を得ようとする深い感性と、問題を発見・解決し、それを論理的に説明する能力があり、研究成果が社会に還元できるよう常に自ら思考し実行する情熱と忍耐力のある人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • エンジニアリングデザイン能力:社会の要求を解決するために、他人と協調して新しいテキスタイルエンジニアリング技術を創出することができる。
    • 専門性と創造力:ファイブロ素材やその利用製品の設計、開発、評価技術に関して高い専門性を有し、新たな人に優しいファイブロ製品を創造することができる。
    • コミュニケーション能力:国内外を問わず、専門的な内容の論理的な文章の記述、口頭発表および討論ができ、また、背景の異なる他人や組織を相手に自分の意見を的確に伝えることができる。

バイオベースマテリアル学専攻

  • 人材育成の目標
    これからの世界で主力となるバイオベースプロダクトに対する深い知識を持つだけでなく、学修・研究成果を国際社会の中で活かすための方向性を理解し、バイオベースマテリアルの開発において研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を持ち、世界をリードできる人材を育成する。
  • 選抜の方針・ポリシー
    将来にわたって豊かな人間生活を保持するために持続可能な社会を実現する必要性を理解し、有機化学、物理化学、生化学、高分子化学、材料科学の内の少なくとも一つに十分な知識を有し、かつ他分野の知識の習得とバイオベースマテリアルの研究に意欲的に取り組め、その実現を目指す人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • バイオベースマテリアル(BBM)に対する強い興味と関心
    • 応用化学、生物工学、または材料科学に関する十分な基礎知識
    • 新しいBBM 開発やBBM のさらなる展開を目指す強い意志と、関連分野の学修に対する旺盛な意欲
    • 国際的な舞台で、創造的に新しい社会を開拓しようとする意欲と行動力