附属図書館

附属図書館HPへ

大学の附属図書館は、教育と研究を支える重要な機能をもっています。本学では、現在約40万冊の書籍と約5,400タイトルに及ぶ雑誌を所蔵し、このうち約15万冊の書籍(製本雑誌を除く)は図書資料ゾーン書架に配架され、自由な利用が可能です。さらに、附属図書館ホームページを「KIT学術ポータル」(情報検索の窓口)として整備し、ここから電子ジャーナル及び学術文献データーベースへのアクセスを可能としています。
また、他大学・研究機関等の所蔵する学術資料の検索サービス、相互利用サービス、各種情報検索サービス、レファレンスサービスなど学生への学修支援、研究者への研究支援を行うとともに、卒業生・学外者・地域へのサービス等も展開しています。
附属図書館は、まさに「知への探検」と「知と遊ぶ」基点として、本学における高度な学術活動を支えています。

館長
副学長 大谷芳夫

学部・大学院・センター