海外留学希望の方

「留学」といっても、短期の語学研修、ワーキングホリデー、交換留学や海外の学校への正規留学、インターンシップ等々様々ですが、留学は莫大な費用を必要とする自分への投資です。投資である以上、留学には失敗と成功があります。他のあらゆる投資と同様、留学が成功するかどうかは、事前の情報収集と、そこから何を得るのかという目的の明確化をどれだけしっかりとやったかにかかっています。

国際企画課留学生係では海外へとチャレンジする皆さんの相談に応じ、サポートを行っていますが、中心的に取り扱っているのが交流協定大学への留学です。

これは、皆さんが本学で研究を進める中で、国際的視野を広め、より深く研究を深めるため、本学と協定を結んでいる諸外国の大学に留学するための制度です。これは、本学に在籍したまま留学するもので、留学した期間を本学の在学期間としても認められるので、所定の修業年限で卒業・修了することも可能です。また、先方大学で授業を履修し単位を修得した場合、本学における授業科目の履修により修得した単位として認定を受けることができます。

ページトップへ↑

海外留学情報について

ページトップへ↑

留学プログラム

KITグローバル人材育成プログラム(短期派遣)

21世紀に活躍するグローバル人材育成を目的として、KIT学生を対象とした海外派遣プログラム(短期派遣)です。

グローバルインターンシッププログラム(派遣)

本プログラムは、プログラムの趣旨にご賛同いただいたKIT同窓会様からの海外インターンシップ支援寄附金及び国際交流奨励基金により実施します。

趣旨:
海外の企業・研究機関での現場を体験し、実践的な局面で議論・討論を行うことにより、世界で活躍できる人材を育成する。
対象:
原則として博士前期課程の正規課程に在学し、所定の要件を満たす者

※派遣される学生に帯同する教員への旅費支援については、国際企画課国際交流係へお問い合せ下さい。

 

交換留学プログラム(派遣)奨学金
趣旨:
国際交流協定締結校へ短期間(1学期~1年間)留学する学生への支援を行うことにより、グローバル社会で活躍する人材を育成する。
対象:
学部又は大学院の正規課程に在学し、所定の要件を満たす者

企画型プログラム

※企画型プログラムとは、国際センター、又は外部奨学金支援団体等が企画し、一般公募により選抜・実施するものです。

Erasmus+プログラムに基づく派遣募集

平成28年度 ベニス大学カ・フォスカリ校(イタリア)への派遣募集【第2期】

申請期限:平成28年5月13日(金)

平成28年度 ドレスデン工科大学(ドイツ)への派遣募集

申請期限:平成28年5月20日(金)

夏季休業中のプログラム派遣募集

平成28年度 アントレプレナーシップキャンプ2016(ノースカロライナ州立大学)派遣募集

申請期限:平成28年6月10日(金)

ページトップへ↑

奨学金

官民協働海外留学支援制度トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

海外での「異文化体験」や「実践」を焦点にした留学を推奨することにより、学生時代により多様な経験と、自ら考え行動できるような体験の機会を提供します。そのため、諸外国の大学等といった教育機関での留学だけでなく、企業でのインターンシップや学生が立案した多様なプロジェクト等の留学を支援します。
詳細は国際企画課までお問合わせください。
(参考)http://www.tobitate.mext.go.jp/index.html

留学生交流支援制度(長期派遣)

修士または博士の学位取得を目指し、海外の大学に1年以上留学する学生を対象とした奨学金です。 詳細については、国際企画課にお問合せください。

外国政府奨学金

外国の政府あるいは政府関係団体が、その国の大学や大学院 等への留学生に対して奨学金を支給する制度です。各国から原 則として年1回、ほぼ毎年同時期に募集がおこなわれますが、国の事情により募集が見合わせられることや募集時期が異なる場合もあります。
この制度は単なる語学留学を目的とするものはほとんどなく、現地の言語又は英語で各国に特有の専門分野を研究することを目的とするものが多いのが特徴です。
詳しくは、国際企画課国際第二係へお問い合わせください。

その他の奨学金制度

地方自治体奨学金

日本の地方自治体が、原則として自治体内の在住者・出身者、あるいはその子弟、又はその自治体にある学校の在籍者を対象に支給しているものです。返済が必要なものもあります。

民間団体奨学金

民間企業あるいは民間奨学団体が支給しているものです。ほとんどの奨学金は、支給企業や団体の性格を反映し、専攻分野や 留学対象国・地域等の限定があります。
このうち、平和中島財団奨学金、村田海外留学奨学金の募集については、掲示板、本学のホームページ等でおしらせします。
原則として個人応募となります。

ページトップへ↑

海外留学支援サイト(日本学生支援機構)

ページトップへ↑

安全情報

海外における安全に関する情報については、次の機関から入手できます。

外務省領事サービスセンター(海外安全担当)

留学に際しては、相手国の治安情勢や海外での安全対策にかかる情報を十分把握してください。外務省では、安全対策に関する情報を提供し、電話、手紙による相談に応じています。

連絡先(外務省領事サービスセンター(海外安全担当))

電話  :03-5501-8162(直通)
03-3580-3311(代表)(内線2903)
受付時間:9:00~17:00(平日のみ)

海外安全ホームページ

海外危険情報、海外安全相談センター情報等を入手できます。
アドレス:http://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省ホームページ

外務省ホームページに渡航関連情報が掲載されています。また、「海外危険情報」や、世界 180以上の国・地域別の安全情報、旅券案内なども提供されています。
アドレス:http://www.mofa.go.jp/mofaj/