美術工芸資料館

美術工芸資料館HPへ

美術工芸資料館は昭和55年学内共同教育研究施設として設立され、本学前身の京都高等工芸学校創設時(明治35年)から教材として収集してきた資料を所蔵し、所蔵資料について教育研究を行い、さらに展示を目的とする施設です。美術工芸資料館所蔵資料の内容は絵画、版画、彫刻、陶磁器、金工、漆芸、染織品、考古資料、文献資料、建築図面など多岐にわたり、その数は約4,700件(約44,000点)にも及んでいます。その中には明治洋画壇の巨星であり、京都高等工芸学校の図案科教授でもあった浅井 忠の「武士山狩図」やヨーロッパ近代ポスターのコレクション、古今の裂地資料など、芸術的、学術的あるいは歴史的に高く評価されるものも少なくはなく、学外者の展観や全国の美術館などからの出品依頼も少なくありません。最近の資料収集では建築家村野藤吾が手掛けた建築設計図面があり、これについては内外から熱いまなざしが注がれています。
本館の所蔵する資料の価値を更に広く内外に発信するために、研究成果を蓄積し、多様な形で公開しています。

美術工芸資料館 染織品のHPへ

教員
館長 教授 並木誠士
教授 松隈 洋
准教授 平芳幸浩

学部・大学院・センター