産学官連携への取り組み

「開かれた大学」として、その高度な専門的知識と技術を社会に還元し、地域の発展に貢献することは、大学の重要な役割の一つです。
そのため、本学では産学官連携及び研究の推進を担う研究戦略推進本部を中心として、地域の産業界、団体、自治体等と共同研究や各種の研究会等を通して幅広く連携しております。
また、本学は「工芸繊維大学」という歴史のある名称ですが、我が国の重点4分野であるライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料の各先端 科学技術分野はもちろんのこと、工学、自然科学、人文社会分野での研究をはじめ非常に広い範囲の研究を実施しており、特定分野の技術だけでなく様々な分野 を横断した近年の産業界の技術ニーズに的確に対応できるのが本学の強みでもあります。
このため、これらの強みを活かした科学技術相談や各種研究会、共同研 究等を充実させ、地域の産学官連携の推進に積極的に貢献しています。