博士後期課程 バイオテクノロジー専攻

マルチレベルな生命科学教育

バイオテクノロジー専攻では、昆虫はもとよりヒトを始めとする哺乳動物、植物および微生物における生命現象について、分子、細胞、生物個体から集団そして生態系に至るマルチレベルな生命科学教育に重点を置き、人類が直面している諸問題に果敢に取り組むことができる人材育成を目指しています。

教育プログラム

学部の応用生物学課程ならびに博士前期課程の応用生物学専攻と連動した、一貫した教育体制を実現し、人類が直面している諸問題にバイオテクノロジー分野から果敢に取り組むことができる人材育成のための教育を行います。応用生物学部門、生物資源フィールド科学教育研究センター、ショウジョウバエ遺伝資源センター、昆虫バイオメディカル教育研究センターと共にライフサイエンスと農学を中心としたバイオテクノロジーのより実践的な教育を行います。

学部・大学院・センター