応用生物学課程

生命と自然に対する豊かな感性を育む

本課程は、生物学と生物化学の基礎から応用にわたる教育研究を行っています。 実践的で多様なカリキュラムを通して、生命と自然に対する豊かな感性を育むとともに、人間生活や環境問題に関わる重要問題の解明にバイオテクノロジーを的確に活用できる能力を養います。

教育プログラム

現代生物学とその応用であるバイオテクノロジーに関する教育を行います。生体分子・酵素・遺伝子・細胞の構造と機能に関する教育のほか、動植物・昆虫・微生物などの機能と応用に関する教育が中心となっています。さらに、地球環境と持続的人間生活との調和を図るために、さまざまな生命現象や行動などに関する専門教育にも力を入れています。

課程専門科目には中心となるコア科目群があり、細胞、生理、微生物、遺伝など主として生物の機能に対する理解を深める講義や、生物化学、分子生物学、細胞工学など主として生物構成分子の働きに対する理解を深める講義があります。

知識を定着させるための専門実験や演習は、2・3年次に集中的に設定し、さらに卒業研究の実践により、各自が研究者・技術者としての必須の素養を身につけることを目指します。

学部・大学院・センター