博士前期・後期課程 先端ファイブロ科学専攻

人と環境に優しいものづくり

本専攻は、独立専攻です。専攻名のファイブロは、「ファイバー状の」という意味の連結語で、科学と連結した「ファイブロ科学」はファイブロ材料及びその応用分野を研究対象とします。本専攻では、テキスタイルサイエンス・エンジニアリングを学ぶことにより、人と環境に優しいものづくりができ、かつ未知のものに向かって自らの考えでアプローチができる応用力を身につけた人材育成を目標としています。

自然科学と社会科学の両者の観点を取り入れる

研究内容は、人間と地球に優しく快適なファイブロ製品の開発、高機能・長寿命ファイブロ材料の創出、生体や生活に適合するファイブロ素材の開発、環境に配慮した天然ファイブロ資源の有効利用、ファイブロ製品のサステナビリティ、スマートテキスタイルに応用可能なファイブロ素子の開発など、環境調和型ファイブロ材料の開発、設計、評価に関する教育と研究を、自然科学と社会科学の両者の観点を取り入れながら行います。さらに、歴史遺産である染織文化財の保存法に関する研究も実施します。また、人間の感性に直接訴えかけることのできる情報メディアや製品の設計、心地よさ・審美感・印象など人間の感性特性を情報工学の観点から明らかにするとともに、ファイブロ製品を感性面から評価する手法を開発します。テキスタイルサイエンスを先進的な材料開発に応用することにより、安全性や堅牢性、柔軟性に富んだ環境適合型素材の開発に関する研究を行います。

教育プログラムは「テキスタイルサイエンス」を中心とした基礎科目、京都ベンチャーコンペティションへの参加を通した社会の中での学びに触れる「先端ファイブロ科学セミナー」や、学生の自主的な運営によるポスターシンポジウムの開催など、自らが企画し実践できる人材育成に向けたカリキュラムを編成しています。

学部・大学院・センター