環境問題への取り組み / 環境安全方針

京都工芸繊維大学環境安全方針

A 基本理念

本学は、常に「人間の感性を涵養し、精神的な潤いや自然との調和を強く意識した、普遍性のある科学技術の創生」を基軸に教育研究を行ってきた。地球規模の環境汚染、温暖化、天然資源の枯渇、オゾン層破壊等、効率に偏重した科学技術が行きづまり、見直されている現在、本学が基軸とする「人間と環境を重視した科学技術」は重要性を増している。

本学の教職員と学生は、2001 年から環境マネジメントシステムを運用して環境の保全と改善に努め、教育研究活動はもとより日常生活においても環境問題に配慮しながら行動する「環境マインド」を持つ学生の育成と「エコキャンパス」の構築に努めてきた。

本学はこれまでの運用実績を踏まえ、今後は環境管理と安全管理の二つを両輪として回しながら、環境並びに安全・安心に配慮した教育研究活動をさらに活性化し、「環境安全マインド」を持つ学生の育成と「サステイナブルキャンパス」の展開を図りながら、21世紀の持続可能な科学技術の発展に貢献することを責務とする。

B 環境方針
  1. 全学の教職員と学生は、その活動が環境に与える側面を常に認識して、環境と安全に配慮した教育研究を推進する。
  2. ライフサイクル思考に基づき、教育研究活動のすべての段階で省資源、省エネルギー、廃棄物削減並びに安全管理に取り組み、環境負荷低減と安全・安心を推進する。
  3. 本学におけるすべての活動に適用される環境安全関連法規、規制、協定などはもとより、さらに自主基準を設けこれらを順守する。
  4. 環境安全目標を設定し、全サイトの教職員と学生は一致協力して目標を達成する。
  5. 監査を実施して、環境安全マネジメントシステムを見直し、継続的改善を図る。

この環境安全方針は文書化し、全サイトに関わるすべての構成員に周知するとともに、大学内外にも開示する。

京都工芸繊維大学長 古山正雄
2016年4月1日

環境安全目標

  1. 環境安全マインドの育成
    • 環境安全教育の充実
    • 環境安全関連研究の推進
    • 学生・教職員の環境安全活動の推進
  2. キャンパス環境の保全
    • サステイナブルキャンパスの展開
    • キャンパスの美化・緑化の推進
    • 喫煙マナー・駐輪マナーの改善
  3. 環境負荷の低減
    • エネルギー使用量の削減
    • 水使用量の管理徹底
    • 紙使用量の削減
    • 廃棄物の削減・再利用・再資源化(3R)の推進
    • グリーン購入の推進
  4. 安全・安心な教育研究活動
    • 化学物質の適正管理
    • 実験廃液・廃棄物の適正管理
    • 適正な作業環境の維持
    • 高圧ガス・液体窒素等の適正管理
  5. 周辺地域・社会との交流
    • 公開講演会等の実施
    • 環境安全報告書の発行
    • 地域住民との適切なコミュニケーション形成