電子システム工学課程

現代の高度技術社会を支える

本課程は、現代社会の便利さや豊かさの実現に寄与している電気工学、電子工学を中心に、デバイス、通信、システム、エネルギー、制御に関する知識と技術の教育を行うことにより、専門的知識を備え、かつ広い視野をもつ創造性豊かな技術者・研究者の養成を目指しています。

教育プログラム

 本課程の教育目標を実現するための教育プログラムは、以下の方針で編成されています。
1. 電磁気学、電気回路、物理学、数学などの基礎科目を重視したカリキュラムにより、デバイス、エレクトロニクス、通信、エネルギー、制御、プログラミングと広範囲にわたる電子システム工学分野の基礎から応用までを系統的に習得できる力を身に付けられる教育プログラムを提供します。
2. 講義、演習および学生実験を関連させ、理論と実践の両面から理解を深めることができる相補的教育を実施します。
3. 習得した知識を実際に研究開発の現場へ適用させる能力を、1年間にわたる卒業研究を通して修得させます。

学部・大学院・センター