博士前期課程(修士課程)応用生物学専攻

未だ解明されていない生命現象への飽くなき追求

生命現象の本質の解析、環境と健康の向上に寄与する最先端技術の開発を目指しています。また、生物・化学・物理などの基礎知識だけでなく、生命と自然への豊かな感受性、様々な自然現象への深い関心、興味に根ざした探求心・観察力で、未だ解明されていない生命現象への飽くなき追求を目指しています。

教育研究分野

応用生物科学系分野

昆虫工学、昆虫生理機能学、生体分子機能学、細胞機能学、生体機能学、応用ゲノミクスの教育研究分野及び生物資源フィールド科学教育研究センターの資源昆虫学、資源植物学の教育研究分野は、生物(昆虫、脊椎動物、植物)の持つ生産機能の利用を目的として、新しい機能の発見、機能の向上・制御技術の開発、生物と環境との相互作用機構の解明とその利用などを専門分野とします。また、生物環境の保全、生物生産の数量的解析なども研究対象としています。

生物工学系分野

微生物工学、細胞分子工学、染色体工学、構造生物工学、植物分子工学、生体行動科学の教育研究分野及びショウジョウバエ遺伝資源センターの進化ゲノム学、昆虫バイオメディカル教育研究センターの昆虫バイオメディカル学の教育研究分野は、生物(微生物、昆虫、脊椎動物、植物)とその構成因子(遺伝子、タンパク質、生体分子)などを人工的に操作する技術の開発・応用を専門分野としています。農医薬学への応用をはじめ、増殖・発生・分化・情報・信号など基本的生命現象の分子・細胞レベルにおける解析を行います。

学部・大学院・センター