機械工学課程

「ものづくり」の進展に寄与する

本課程では、「ものづくり」の進展に寄与するテーマの具体的な実現に向けて理論と実験の両面を考慮しつつ、さらに、自分自身で課題を見出し、それを解決できる「自己デザイン能力」を有する高度専門技術者の養成を目指して有機的な教育・研究活動を行っています。

教育プログラム

 課程の教育目標を実現するための教育プログラムは、次に示す具体的な学習・教育目標に基づいて編成されています。

【学習・教育目標】
A.豊かな教養と地球的視点を備え、技術者の社会的責任を認識できる。
1. スポーツや芸術に慣れ親しみ、人間性豊かな思考のできる教養を備える。
2. 地球的視点で物事を考える素養と能力を有する。
3. 科学技術の発展とそれが自然環境、生命、社会などに及ぼす効果や影響を理解できる。

B.幅広い基礎学力と専門知識を備える。
1. 数学・物理・情報技術などの基礎学力を有する。
2. 伝統的機械工学の専門知識を修得している。
3. 幅広い専門知識を応用して、時代や社会の変化と要求に対応した新たな機械システムを構築できる能力を有する。

C.国際的に通用する表現力と論理性を備える。
1. 国際的な場でのコミュニケーション能力を有する。
2. 日本語によって論理的な記述、発表、討論ができる。

D.自律的に判断し、問題を解決する能力を有する。
1. 継続的に学習し、能力開発を自発的に行うことができる。
2. 種々の条件の下で問題解決の可能性を追求し、計画的に目標を達成することができる。
3. チームを構成してリーダーシップを発揮できる。

学部・大学院・センター