博士前期課程(修士課程)

応用生物学専攻

  • 人材育成の目標
    分子から生態までの広範な領域の生命現象に関する基礎知識を修得するとともに、その有効利用のためのバイオテクノロジーを活用して、将来に向けた新しいライフサイエンス時代を担うことができる研究技術者の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    生物学、生物化学に関する専門的な知識、実験科学的な理解力、英文の読解や表現に優れた人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 生命と自然に対する敬愛
    • 探求心と観察力
    • 柔軟な発想
    • 独創的チャレンジ精神

材料創製化学専攻

  • 人材育成の目標
    材料創製化学の要となる高分子材料化学、無機物性工学、材料物理化学、並びに光電子工学に関する十分な基礎知識を持ち、高分子材料やセラミック材料などの物質の高次構造化・機能化のアプローチにより実効性あるイノベーティブな革新材料開発を実現する応用能力を身につけ、研究技術者として人間的に広く深い素養と自覚、国際性を併せ持つ人材を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    高分子材料やセラミック材料の専門領域に対して強い関心を示し、それらの材料を科学する心の知性と実現する意欲を持つ人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 科学する心の知性と洞察力
    • 積極的な発信力、表現力、コミュニケーション力
    • 社会に対する自覚
    • 研究技術者としての論理的判断力

材料制御化学専攻

  • 人材育成の目標
    高い機能を持つ材料を扱う研究技術者は、高分子、無機材料などの個々の特性についての知識に止まらず、機能の源となる基礎的な性質について深く理解していることが求められます。材料制御化学専攻では、それらの知識と理解に基づき、社会に役立つ材料とは何かを考え、将来への見通しを持つ人材、さらに自らの技術力をグローバルに展開する国際性を持つ人材を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    高分子物質、無機物質などの集合体による、材料のブレークスルーを実現することを志向しつつ、真に豊かな社会の発展を目指す人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 自ら考える能力
    • 現象の多様性と法則性を共に認識する能力
    • 自分の意見を正しく伝え、深いディスカッションを行う能力
    • 社会における自らの役割と責任を自覚する能力

物質合成化学専攻

  • 人材育成の目標
    有機物質の最小構成単位である分子の設計原理の解明や合成手法の開拓を通して、新素材や先端機能材料の開発を目的とした教育・研究を行い、自然との共生を念頭に置いて、自ら考え行動できる積極性、創造性、そして国際性を併せ持つ人材の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    物質の合成に強い興味と関心を持ち、化学に関する幅広い基礎知識を備え、環境との調和を考えながら、原子・分子レベルでの物質創成を通して有用な新規材料の開発を進めていくことのできる人材を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 自然科学に対する強い関心
    • 化学、物理、数学などの基礎学力
    • 基礎学力に基づいて研究を発展させる創造性と論理的思考力
    • 手ずから実験を行うことのできる積極性と行動力
    • コミュニケーション能力

機能物質化学専攻

  • 人材育成の目標
    生命、エネルギー、自然環境を化学の視点からとらえながら、生体関連物質等の機能性物質の構造と機能の精密解析及び機能性物質の創成と応用に関連する研究経験から、洞察力と問題解決能力を身につけた研究技術者の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    生命科学と化学の学際領域を担う機能性物質の構造と機能について強い興味と関心を持ち,研究遂行する上で不可欠な基礎知識、英語の理解力及び研究に関する問題解決能力を備えた人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 機能性物質に対する深い興味と化学、数学、物理、生化学の基礎学力
    • 表現力、コミュニケーション能力
    • 研究技術者としての論理的判断力

電子システム工学専攻

  • 人材育成の目標
    エレクトロニクス基盤技術や情報通信技術を修得するとともに、高度な専門知識に基づく将来に向けた新しい技術の開発を先導する能力、新しい技術を社会に応用、適合させるための総合力を身につけた人材の育成を目指します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    修学及び研究活動に必要な英語力、専門基礎学力に加えて、研究意欲を求めます。
  • 求める能力と適性
    • チャレンジ精神と行動力
    • 論理的な思考力と設計能力
    • 数理的解析能力
    • 感性と創造力
    • 自己表現能力

情報工学専攻

  • 人材育成の目標
    あらゆる産業基盤を支えているICT についての高度な知識と技能を身に付け、情報機器製造業を初めとする様々な製造業において、また、ICT を活用したサービス事業を展開する企業において、さらにはICT に関連した様々な企業及び教育・研究機関において、リーダーシップを持ちつつ自発的かつ国際的に研究・開発を行い、人間中心型の豊かな情報社会の構築を先導する研究技術者を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    情報工学、数学に秀でた能力を有するとともに、研究活動に必要な英語能力を有し、豊かな情報社会を実現する強い熱意を持って創造的な研究・開発に意欲的に取り組める人材を求めます。
  • 求める能力と適性
    • チャレンジ精神と行動力
    • 論理的な思考力
    • 数理的解析能力
    • 感性と創造力
    • 自己表現とコミュニケーション能力
    • 人間や社会に対する興味

機械物理学専攻

  • 人材育成の目標
    機械工学の根幹をなす力学分野を中心に、様々な物理現象を理解するための理論的、実験的及び数値的解析手法を身に付け、実際の工学的問題に応用する能力を有し、国際的に活躍できる「探究的価値創造力」を持つ機械技術者・研究者を送り出すことを目的としています。
  • 選抜の方針・ポリシー
    自然現象に興味があり、機械工学の基礎学力を有し、自然に対する好奇心と深い洞察力を持ち、さらに自ら問題を設定して、その解決に向けて独創的・先端的・挑戦的に取り組める人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 好奇心
    • 独創性
    • 挑戦する意欲
    • 論理的思考力
    • 深い洞察力

機械設計学専攻

  • 人材育成の目標
    機械工学のみならず幅広い先端的テクノロジーに精通し、これらの工学的知識を横断的に駆使することによりイノベーションをデザインする能力を有し、国際的に活躍できる「実践的価値創造力」を持つ機械技術者・研究者を送り出すことを目的としています。
  • 選抜の方針・ポリシー
    ものづくりが好きで、機械工学の基礎学力を有し、自然に対する興味や好奇心、深い洞察力を持ち、さらに自ら問題を設定して、その解決に向けて独創的・先端的・挑戦的に取り組める人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 好奇心
    • 独創性
    • 挑戦する意欲
    • 論理的思考力
    • 先見性

デザイン経営工学専攻

  • 人材育成の目標
    経営、デザイン、工学を融合したデザイン経営工学をもとに、広い視野から、ものの機能とその評価、ものづくりの仕組みやビジネスを構想する能力を発揮することで、社会と産業に貢献し、生活環境や生活スタイルの革新をリードする人材を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    表現・造形の基本形をマスターしたデザイン系・建築学科系の大学の卒業生、経営系学科、生活科学系学科、エンジニアリング系学科の卒業生、及びそれらと同等の学力を有するモノづくり・空間づくりに関心のある他学科の卒業生を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 感知力:新しさ、楽しさ、美しさへの感性と理解力
    • 思考力:論理的思考力と柔軟な発想、構想力
    • 表現力:コミュニケーションとプレゼンテーション能力
    • 行動力:他人を尊敬できリードできるパワー

デザイン学専攻

  • 人材育成の目標
    ①デザイン学領域
    プロダクトやグラフィック、インテリア等の専門的デザイン能力をベースに、京都独自の伝統意匠の理論・方法論も活かして革新的な製品やサービスをデザインすることができる人材を育てる。また、海外から招聘する世界的なデザイナーや研究者の指導のもと、異分野混合チームでの産学連携プロジェクト等を経験させることで、様々な分野で国際的に活躍できるデザイン能力を修得させる。
    ②価値創造学領域
    美術、デザイン、建築などの作品や作者についての深い洞察に根ざした「論理構築」とキュレーション(展示企画)という「実践」を通して、作品や作者の「価値」を自らの視点で言葉や展示にして、広く世界に発信することができる人材の育成を目的とする。
  • 選抜の方針・ポリシー
    デザイン全般に関する基本的な知識と制作経験を持ち、柔軟で独創的な発想力を備え、さらに深いデザイン知識とより実践的なデザイン方法論を研究・実践していく意欲ある人を求めます。また、専門分野についての知識習得並びに理論的研究に終始せず、それを基盤として、美術館・博物館での展示等の社会的実践に繋げていく意欲のある人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 美に対する感受性
    • 人間や環境に対する深い関心
    • 理論と実践のバランス
    • 独創的な思考力
    • 強い意欲と行動力

建築学専攻

  • 人材育成の目標
    都市・建築における〈KYOTO デザイン〉教育、すなわち歴史と先端性が同居する京都の特性を活かした、地域に根ざすと同時に国際的な競争力のある都市・建築教育を行い、建築家、建築技術者、都市プランナー、修復建築家等の高い実践能力を持つ人材を育成する。
    そのために世界中から第一級の専門家を中長期にわたって招致するとともに、本学教員、学生も広く海外へ教育・研究活動を展開して、地球規模での研究力及び実践力を修得させる。また、京都だからこそ可能な都市・建築遺産のストック活用とマネジメントの技能を磨くことで、場所に即しながらも普遍的な修復・再生に関する専門能力を身につける。
    そして、これらの教育体制と研究蓄積を資源として立ち上げるデザイン工房・研究施設において、具体的な建築設計や都市・建築再生マネジメント等を実践することで、社会問題の解決あるいは社会的価値の創造の能力を伸ばす。
    こうして環境における空間的広がりと時間的厚みを未来に向けて高次元に統合し構想する、〈KYOTO デザイン〉の担い手を養成する。
  • 選抜の方針・ポリシー
    京都という地において都市・建築を学ぶことの意義に意識的な人、すなわち、自然・都市・住環境の一体性を志向した総合力・論理的思考力、都市・建築における歴史と場所性に寄り添う思考態度、京都の国際的ブランド力を活かして地球規模で都市・建築とそのデザインを考える発想力と創造意欲を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 京都という地の特性への理解
    • 人間、環境、文化、歴史への関心
    • 建築設計に関する基礎的能力
    • 美に対する感受性と表現力
    • 地球規模での活動への意欲と行動力

先端ファイブロ科学専攻

  • 人材育成の目標
    テキスタイルサイエンス・エンジニアリングを学ぶことにより、人と環境に優しいものづくりができ、かつ未知のものに向かって自らの考えでアプローチができる応用力を身につけた人材を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    自然科学に関する基礎学力を備え、自身の研究に閉じこもること無く広く知識を得ようとする深い感性と、問題を発見・解決し、それを論理的に説明する能力があり、研究成果が社会に還元できるよう常に自ら思考し実行する情熱と忍耐力のある人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • 独創的思考力と感性
    • 人間社会、環境に対する深い関心
    • 問題の発見力と解決意欲
    • チャレンジ精神と行動力

バイオベースマテリアル学専攻

  • 人材育成の目標
    今世紀の中核素材となる「バイオベースマテリアル」に関する新しい材料科学・工学を切り拓きながら、新時代を担いうる研究者・技術者を育成します。
  • 選抜の方針・ポリシー
    将来にわたって豊かな人間生活を保持するために低炭素社会を実現する必要性を理解し、有機化学,物理化学、生化学、高分子化学の内の一つに十分な基礎知識を有し、かつ他分野の知識習得とバイオベースマテリアルの研究に意欲的に取り組め、その実現を目指す志を持つ人を求めます。
  • 求める能力と適性
    • バイオベースマテリアル (BBM) に対する強い興味と関心
    • 有機化学、物理化学、生化学、高分子化学のいずれかに関する十分な基礎知識
    • 新しいBBM開発やBBMのさらなる展開を目指す強い意志と、関連分野の学修に対する旺盛な意欲
    • 国際的な舞台で、創造的に新しい社会を開拓しようとする意欲と行動力