基盤教育

基盤教育HPへ

専門を越えて必要なことは?

京都工芸繊維大学に入れば様々な課程や専攻に所属します。それぞれのカリキュラムに従って履修することになりますが、どこに所属していても、卒業・修了にあたっては単に専門の知識や技術を備えているだけではなく、環境問題を始めとする人類が全体として直面している様々な問題に対応していくことのできる自律的かつ柔軟な人間であることが求められています。そのためには、自然科学全般に対する理解力や論理的な思考力に加えて、地球的な視点を持って科学技術の成果が自然や社会に及ぼす影響を負の側面も含めて的確に把握する能力等も求められています。人間や社会そのものに対する深い理解も必要となるでしょうし、何よりも社会で活躍していくためには、国際的に通用する十分なコミュニケーション能力を身につけておくことが必要です。

専門を越えてすべての学生が身に付けるべきことを定めるという考え方の根拠は、本学の理念にも示されている通りですが、歴史的に見れば2000年以上もさかのぼる古代ギリシャの考え方を受け継いでいるともいえます。直角三角形の定理で有名なピタゴラス、ソクラテスの弟子でアカデミアを開いたプラトンなどが、原理を学んで初めて身につけることができるものとして、数論、幾何学、天文学、音楽をあげ、これらを「学ばれるべきもの」(マテーマタ)としました。その後、文法、修辞学、論理学が加えられ、中世ヨーロッパの大学における基礎学芸である「自由七科」(リベラルアーツ)へと集大成されていきました。これらの思想を受け継いで、近現代においてもリベラルアーツは特定の職業のためではない、一般的な知力を開発する学芸を意味し、言語・数学系の諸科と人文科学、社会科学、自然科学の諸学芸から成る教養を意味するものとされています。

基盤教育とは?

言語教育科目、人間教養科目、専門基礎科目などはこういった観点から、全学的な視点で用意されているものです。平成18年4月より、これらの科目のうちの一定部分を「基盤教育」という名の下に、関係する教員が組織的な責任体制をとって実施することになりました。

基盤科学が提供するのは、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、日本語(外国人留学生科目)、スポーツ科学、数学、物理学および教育関係科目です。教育職員免許や学芸員資格に関わる部分も一部含みます。これらの科目の中には、最低取得単位数が定められていたり、専門科目を学ぶ上での基盤という意味合いから、比較的早い時期の受講が期待されているものも多くありますので、履修計画を立てる上では注意が必要です。

なお、専門課程・専攻と連携を図りながら、基盤教育担当教員の下で卒業研究・修士論文等の指導を受けることもできます。

学部・大学院・センター