国際交流の目標・方針

本学は、「豊かな感性を涵養する国際的工科系大学」を目指して、以下の方針に対する取組を行うことを中期目標に掲げています。

〇「デザイン・建築」、「繊維・高分子」及び「グリーンイノベーション」の3つの分野において、アジア地域の中心となる教育研究拠点を形成し、これまでの実績をもとにさらに先導的試行に挑戦し、我が国の社会のグローバル化を牽引する。
〇海外の大学・企業等との連絡を強化するため、連携拠点を海外に整備する。
〇外国人留学生の受入、日本人学生の海外留学の双方向での国際交流を推進させる。
〇外国人留学生に対する支援や海外に留学する日本人学士絵に対する支援を充実させる。

国際センター

国際センターは、本学が長期ビジョンに掲げる「国際的工科系大学」の実現を目的に平成16年6月に設置された国際交流センターを、大学の更なる国際化を目指し、総合的な国際化推進体制にするため改組し、平成25年4月に新たに発足しました。
国際センターの組織は、センター長、副センター長並びに全学的・機動的に各事業に対応できるようなメンバーを構成員とし、各構成員がセンター業務を専門的・効果的に実施するため国際化推進室と国際交流室の室員として活動しています。
本センターの事務は国際課が行っています。