博士後期課程 物質・材料化学専攻

革新的な物質・材料の開発

物質・材料化学専攻では、生体機能への化学的アプローチ(バイオインスパイアード化学)、ナノ・マテリアル、精密物質設計・合成(モレキュラーデザイン)、ソフトマテリアル、フォトエレクトロニクスなどの諸領域において教育研究を展開し、次代を担う革新的な物質・材料開発研究において先導的な役割を果たす人材の育成を目指します。

教育プログラム

•新規な物質・材料を開発するための共通概念の修得と専門知識の高度化を図るために、講義科目を5領域に区分して提供します。

•演習科目により、専攻の関係教員の直接指導の下で、各自の専門に応じた学術情報の調査・まとめ・発表を実施し、最先端の物質・材料開発研究に自力で取り組む基盤やプレゼンテーション能力及びグローバルなコミュニケーション能力を培います。

•博士論文の研究指導により、課題の設定から計画の立案、実施、並びに成果発表に至る物質・材料開発研究の総合力が涵養される教育を提供します。

•社会人及び外国人留学生などの多様な学修歴を持つ学生にも対応する教育プログラムを提供します。

学部・大学院・センター