博士前期課程(修士課程)電子システム工学専攻

次世代の電子システムを構築する

電子システム工学専攻では現代のキーテクノロジーであるエレクトロニクスや情報通信技術を修得するとともに、専門知識を活用し将来に向けた新しい技術開発を先導する能力、新しい技術を社会に適合させるための総合力を身につけた技術者、研究者を育成することを目的としています。

教育プログラム

専攻の教育目標を実現するための教育プログラムは、以下の方針で編成されています。
講義は、材料・プラズマ・デバイス・回路・電磁波・光・信号処理・通信・システムなどの広い領域をカバーしています。加えて、設計・解析・計測・制御などの道具としてのコンピュータに習熟するよう指導しています。さらに知的財産権などの社会的視点を涵養し、英語による論文作成能力やコミュニケーション能力を高めるための専攻共通科目の受講を推奨しています。

学部・大学院・センター