博士前期課程(修士課程)情報工学専攻

現代社会のあらゆる場面を支える

情報工学専攻では、情報、通信、ネットワーク、システム制御などの最新技術をハードとソフトの両面から理論と実践をバランスよく修得し、専門分野での研究・開発技術者として活躍できる能力を身につけることを目標とした教育・研究を行っています。

情報科学としての側面を重視した教育・研究

情報工学専攻では、現代社会のあらゆる場面を支えるコンピュータ技術を基本とした、豊かで人間的な高度情報化社会を実現する人材の育成を目指しています。そのため、情報、通信、ネットワーク、システム制御などの最新技術をハードとソフトの両面から理論と実践をバランスよく修得し、専門分野での研究・開発技術者として活躍できる能力を身につけることを目標とした教育・研究を行っています。

 これらを実現するため、具体的に以下のような研究・教育を行っています。

• 情報を扱う基盤となるコンピュータシステムの構成方式(アーキテクチャ)、ハードウェアやソフトウェアについての基盤技術
• 良質のソフトウェアを短期間に低コストで生産し、効率よく運用・保守するためのソフトウェア工学
• 様々なメディアでの情報伝達、通信及び通信ネットワーク、移動体通信技術、情報セキュリティ
• 画像や音声など様々な信号や情報の処理及びそれに基づく認識、対話技術
• 大容量で様々な情報の蓄積・利用を実現するマルチメディアデータベース
• 人間と機械の情報のやりとりを円滑に行うためのヒューマンインタフェース
• 心理学や認知科学に基づくインタラクション技術
• 人間の脳のような情報処理を目指す学習、知能情報処理
• 得られた情報よりシステムをモデリングし、それをもとにシステムを計画、設計、制御するためのシステム制御など

学部・大学院・センター