生活支援/入学料及び授業料免除・徴収猶予

入学料免除・徴収猶予の申請について

対象者
◆入学料免除
  • 学部生(地域創生Tech Programの募集区分【社会人】合格者除く)
    入学前1年以内に主たる学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の被害を受けた場合等、特別な事情により入学料の納付が著しく困難である場合。
  • 大学院生及び地域創生Tech Programの募集区分【社会人】合格者
    1. 経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合。
    2. 入学前1年以内に主たる学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の被害を受けた場合等、特別な事情により入学料の納付が著しく困難である場合。
◆入学料徴収猶予
  1. 経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合。
  2. 入学前1年以内に主たる学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の被害を受けた場合。
  3. その他やむを得ない事情があると認められる場合。
免除の額

納付すべき入学料の全額または、半額。

申請期間・申請書類

申請期間・申請書類は下記ページより確認してください。

免除、徴収猶予の可否等
  1. 判定期間中は、入学料の徴収が猶予されます。
  2. 可否決定次第公示または、本人宛に通知します。なお、半額免除または不許可となった人は、通知日から14日以内に入学料を納付してください。
  3. 徴収猶予が許可になった人は、春学期入学者については9月の本学が指定する日まで、秋学期入学者については翌年3月31日まで入学料の徴収を猶予します

■ その他ご不明な点は、学生サービス課奨学支援係までおたずね下さい。

授業料免除・徴収猶予の申請について

対象者
  1. 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる人
  2. 授業料納期前6ヶ月以内に(新入生の入学した学期分の免除については、入学前1年以内)に主たる学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の被害を受けた場合
  3. 2に準ずる場合で学長が相当と認める事由がある場合

ただし、当該期以前に係る授業料を滞納している人は、免除の対象となりません。

免除の額

納付すべき授業料の全額または、半額

申請期間・申請書類

申請期間・申請書類は下記ページより確認してください。
前期・後期ごとに申請書類の提出が必要となります。申請受付は各期が始まる前の指定する期間に行います。申請期間を過ぎての申請は一切受付できませんので、ご注意ください。

 

平成30年(2018年)9月または平成31年(2019年)4月に本学に入学予定の人(本学の学部・修士から引き続き修士・博士へ進学する人、他課程へ編入する人を含む)
Prospective persons taking the entrance examination, for enrollment at KIT in September 2018 or April 2019

  • ■外国人留学生(在留資格が「留学」の人、または本学に入学するまでに「留学」の資格を取得する人)のうち、下記のいずれかに該当する人
    1. 私費外国人留学生
    2. 出願時には国費外国人留学生であるが、本学入学時に私費外国人留学生となる可能性がある人(国費外国人留学生の奨学金支給期間延長の申請をしている人またはその申請をする予定のある人も含まれます。)
      International students (those whose resident status is “student” or those who obtain “student” status by the time of enrollment) who fall under either of the following categories
    1. Privately funded international students
    2. Persons who are government funded international students at the time of application, but may become privately funded students when enrolled at KIT (This includes international students applying for, or intending to apply for an extension of government funding.)

 

※入試の出願書類と一緒に免除申請を受付します。
 Tuition exemption applications should be submitted with admission application documents.

 

対象者
Eligible persons
申請受付期間
Application period
申請書類
Application documents
学部生undergraduate 入試出願期間(出願期間後の申請は受け付けしません)
Admissions application period(Applications are only accepted during this period.)?
ダウンロードページはこちら
Click here to download documents.
大学院:博士前期課程(修士課程)
graduate:Master?s Program
大学院:博士後期課程
graduate:Doctoral Program
準備中(入試出願期間には申請受付しません。入試合格後に申請受付予定です)
Currently unavailable (Tuition exemption applications will not be accepted during the current admissions application period for prospective doctoral students. Applications for exemption will only be accepted after prospective students have passed the entrance exam.)?

 

  • ■上記以外(留学生以外)

※入学手続後に免除申請を受付します。

対象者 申請受付期間 申請書類
大学院:
秋入学入試合格者
9月下旬予定 8月掲載予定
学部:
一般入試(前期日程)合格者
3月中旬予定 2月掲載予定
学部・大学院:
上記以外の入試の合格者
3月下旬予定 2月掲載予定

 

本学に在学中の人(上記以外の人)

? 申請受付期間 申請書類
前学期分授業料免除 3月1日(木)~7日(水) ダウンロードページはこちら?
後学期分授業料免除 9月中旬予定 8月掲載予定

 

免除、徴収猶予の可否等
     

  1. 判定期間中は、授業料の徴収が猶予されます。
  2. 可否決定次第公示または、本人宛に通知します。なお、半額免除または不許可となった人は、通知日から20日以内に授業料を納付してください。
  3. 徴収猶予が許可になった人は、前学期分については7月31日まで、後学期分については翌年1月31日まで授業料の徴収を猶予します。
特別災害(災害救助法の適用の原因となった災害)に伴う授業料免除申請について

授業料納期前6ヶ月以内(新入生の入学した学期分の免除については、入学前1年以内)に特別災害に伴う被災をされた方については、以下の要領により申請を受付します。
特別災害に伴う授業料免除申請について(平成29年度後期分)(PDF)
申請期限:平成29年10月31日17時

■ その他ご不明な点は、学生サービス課奨学支援係までおたずね下さい。