新素材イノベーションラボ

 

 新素材イノベーションラボは、平成30年10月の研究力及び産学連携機能強化の一環として重点研究「ラボ」として、材料のもつ階層構造を巧みに分子設計・材料設計した超階層デザインにより、従来の有機高分子材料では不可能な電子・光学・熱特性と、従来の無機材料(セラミックス)では不可能な成形加工性と自在設計性、ならびにナノ材料のもつ特異性を、併せ持つ革新的高分子・複合新素材の国際的な創出研究拠点として発足しました。

 本ラボでは、「オープンラボ」や「シェアラボ」を展開することにより集約した装置類の「共有」と民間の協力により新規な素材を開発する。企業との一層の共同研究を推進するとともに、「異分野の研究交流」を通して若手研究者や大学院生の人材育成も行っています。

 また、平成30年度文部科学省「先端研究基盤共用促進事業・新たな共用システム導入支援プログラム」により、複数学系の教員や複数専攻の大学院生が結集して、共同で研究する「オープンラボ」を設置し、本学の重点分野の「高分子・繊維材料」を基軸に「有機材料」、「セラミックス」、「ナノ材料」に関する装置を集約・共用化するとともに、装置開発を共同で行ってきた総合分析評価・装置メーカーと協力して、現在進行中の「企業との共同研究」ならびに「他ラボとの連携」を結集させた「研究の異分野交流」による今までにない新しい「シェアラボ」を構築し、「新素材開発」、「人材育成」を推進しています。

教員
ラボ長 教授 中 建介
副ラボ長 教授 則末 智久

学部・大学院・センター