喫煙対策

松ヶ崎キャンパスの喫煙所は2か所です。

京都工芸繊維大学喫煙対策宣言

 喫煙は健康に対して多大な影響を与え、多くの疾患の原因になっている。加えて、喫煙は、喫煙者の健康を害するだけではなく、受動喫煙等により非喫煙者の健康をも害する。また、喫煙は火災の主要な原因になっている他、吸い殻のポイ捨ては、教育研究環境と美観を損ねる原因になっている。

 京都工芸繊維大学は、喫煙による非喫煙者への受動喫煙による健康障害を防止する対策を実施するとともに、たばこを原因とする火災等から大学の資産を守り、大学にふさわしい安全で健康な教育研究環境と美観を守っていかなければならない。

 そのため、「京都工芸繊維大学喫煙対策基本方針」を定め、適切な喫煙対策を可能なものから順次実施し、健康、安全で快適な大学を目指す。

京都工芸繊維大学喫煙対策基本方針

(学内の禁煙)
本学の全てのキャンパス内及び施設は、指定された喫煙所以外を禁煙とする。

(喫煙所)
喫煙所には、十分な受動喫煙防止措置及び防火措置を講じる。
喫煙所の管理状況を監視し、適正な管理を行っていく。利用状況を考慮して喫煙所を漸次削減することとする。

(たばこの販売禁止)
本学の敷地内においてたばこの販売を禁止する。

(喫煙者への禁煙支援)
喫煙者への禁煙支援や未成年等への禁煙教育を行う。