博士前期課程(修士課程)デザイン学専攻

デザイン学専攻・建築学専攻HPへ

専攻の紹介

 情報技術革新の進展とそれに伴う経済のグローバル化などにより、世界はますます複雑化しています。その中で、人類にとって未経験の様々な課題を解決する「実践知」としてのデザインに対する期待が高まっています。これからのデザイナーには、社会の潜在的なニーズを明らかにする深い観察力と、多分野の知を活かして革新的なアイデアを生み出すことの出来る発想力、様々なアイデアから調和のとれた形態や経験を導くことの出来る統合力が、より高いレベルで要求されます。

 デザイン学領域では、社会・地球環境の変化、ビジネス、技術環境の変化といった広範な枠組みにおけるニーズ発見と、その革新的ソリューションの創造をめざし、デザインを、様々な社会的課題と科学技術を整合させることのできる未来価値の知識形態として捉え、実践しています。そのために、従来のプロダクト、グラフィック、インテリア等の専門的デザイン基礎能力の上に、京都独自のフィールド、エッセンス、思考回路を活かし、伝統意匠の理論・方法論も取り入れつつ、国内外の様々な企業や団体、工学系や医学系の研究機関との連携プロジェクトを行います。また、海外のデザイン大学から世界的に活躍するデザイナーや研究者を招き、デザイン工房・研究施設で連携プロジェクトを実施することで、専門をデザインに置きながら、分野を超越する新たな理論と方法論を生み出していきます。プロジェクトの成果は本専攻の海外拠点等から世界に向けて発信されます。

本領域の教育プログラムの特徴は、これらの連携プロジェクトをベースにしたPBL(Project Based Learning)にあります。学生はこれらのプロジェクトを通して、最先端のデザイン手法を実践的に学ぶこととなります。本専攻の修了生は、グローバル企業等で主要な製品やサービスの開発に従事するデザイナーやデザインマネージャーとして、あるいは国際的に高く評価されるフリーランスのデザイナーとして、様々な分野で活躍することになります。

また、価値創造学領域では、美術、デザイン、建築などの作品・作者について、作品分析と文献資料の解読、そして深い洞察により歴史的・理論的な価値づけをおこなうと同時に、その成果を「展示」というかたちで価値づけることのできる人材の育成を目指しています。そのために、学内の美術工芸資料館と密接に連携して、美術工芸資料館におけるキュレーション(展示企画)をカリキュラムに組み込んでいます。これは、美術、デザイン、建築などの分野で求められる実践力のある学芸員として学生を社会に送り出したいという方針にもとづいています。

教育プログラム

 デザイン学領域では、専門的デザイン教育及び産学連携プロジェクトを専門科目および各研究室で実施します。同時に、異分野協働によるインターディシプナリーを経て、未来価値を新たに創造するため、各種企業や団体、研究機関等との連携プロジェクト授業群によって、より大きな枠組みから製品やサービスを革新することのできる人材を養成します。海外企業との共同による「グローバルイノベーションプロセス」や、世界的に活躍するデザイナーが指導する研究ユニットでの連携プロジェクトなど、段階的により大きな異分野混合チームワークを経験させることで、国際的に活躍できるデザイン能力を修得させます。

 また、価値創造学領域では、ゼミ形式によりみずからの研究テーマを教員・院生の前で口頭発表し、ディスカッションを重ねると同時に、博物館資料実習Ⅰ~Ⅳにおいて美術工芸資料館収蔵資料を用いたキュレーション(展示企画)を経験することにより、みずからの研究を論文と展示というかたちで提示するための基礎力を習得させます。これは、学芸員希望者にとっては、実践力を身につける機会となり得ます。

学部・大学院・センター