前(春)学期の授業の実施方法及び受講登録の流れについて(在学生対象)

                                   令和2年4月3日
    学生各位
                                   京都工芸繊維大学
                                    学長 森迫 清貴

         前(春)学期の授業の実施方法及び受講登録の流れについて

 新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、前(春)学期の授業の実施方法及び受講登録の流れについて、以下のとおり行うこととしましたので、お知らせします。

1.5月7日からの講義室等における対面授業について

〇講義室等における対面授業については、間隔を十分に取った座席配置により実施することにします。なお、十
 分な間隔を確保できない場合は、45分毎の入替制により授業を行います。各講義室の定員は、講義室定員一覧
 表
(PDF)のとおりです。
〇学生番号の奇数(前半45分)、偶数(後半45分)により入れ替えを行います。奇数、偶数以外の方法で入れ替
 えを行う授業については、事前に学生情報ポータル(以下「ポータル」という。)に掲示しますので予め確認
 するようにしてください。
〇前半45分と後半45分は同じ内容の授業を実施します。また、通常の授業時間(90分)との差分については、
 別途、担当教員から課題が出されます。
〇間隔を十分に取った座席配置により授業が実施できる場合は、通常通り授業を行います。
〇受講登録の結果によっては、講義室変更及び受講登録の制限を行うことがありますので、予めポータルで確認
 してください。
〇2部入替制における講義室の入退室については、入替時間を見計らって密集しないように移動し、前半の学生
 が後方の扉から退室し、後半の学生が前方の扉から入室するようにしてください。
〇新型コロナウイルス感染症の感染予防のために、講義室の窓や出入口のドアを開放し換気を行います。
〇授業中は私語自粛、マスク着用(無い場合はタオルなどを持参)を行ってください。また、学内では3つの条
 件(換気の悪い密封空間、多くの人が密集、近距離での会話や発話)を徹底的に回避するように留意してくだ
 さい。
〇本学の新型コロナウイルス感染症対策本部の定める基本方針についても順次更新されますので、更新の都度、
 内容のご確認をお願いします。

2.4月13日から5月1日の期間の授業について

〇上記の期間は、担当教員からポータルを通じて課題が与えられます。(1回分の授業となります。)
〇Moodleという学習管理システムを用いて課題が出る場合もありますので、事前にKIT Moodle システムを確認
 のうえ、不明な点等があれば、情報科学センター問合せフォームにてお問い合わせください。なお、問合せ
 フォームは、情報科学センターのIDでログインしてください。
〇Moodleの使用方法については、Moodleについて(PDF)をご確認ください。

3.受講登録について

〇受講登録期間については調整中ですので、決まり次第お知らせします。

4.遠隔授業の実施方法について

〇新型コロナウイルス感染症の感染予防のために、5月7日以降の授業については、講義室等における対面授業
 だけでなく、遠隔授業も併用することを考えています。それぞれの授業の実施方法等については、ポータル又
 は授業の中でお知らせします。

5.京都三大学教養教育共同化科目について

〇共同化科目については、4月13日(月)、20日(月)、27日(月)は休講とし、休講期間中は講義資料等の配信やレ
 ポート課題を課すことで、休講分に相当する学習の担保や授業の円滑な開始を図りたいと考えています。
〇詳細は、2020 年度前期の京都三大学教養教育共同化科目の授業と履修手続について(お知らせ)(PDF)を
 ご確認ください。

6.その他

〇補講日については、2日間を新たに設ける予定です。決まり次第お知らせします。

 【本件問合せ先】

  • 学部の授業について
     学務課学部教務係(075-724-7718・7719・7221)、E-Mail: edu-2[at]kit.ac.jp
  • 大学院の授業について
     学務課大学院教務係(075-724-7134・7135)、E-Mail: edu-1[at]kit.ac.jp
  • Moodle・WebExについて
     情報科学センター問合せフォーム、E-Mail: hello[at]cis.kit.ac.jp


    ※[at]を@に変換してください。