京都府緊急事態措置への対応について

令和3年4月26日

新型コロナウイルス感染症対策本部長
学長 森迫 清貴

京都府緊急事態措置への対応について

 新型コロナウイルス感染症について、政府より、緊急事態宣言が4月25日から5月11日まで、東京都、京都府、大阪府、兵庫県を対象に発令され、京都府から緊急事態措置として、大学に対し、一度に入構する学生数を50%以下に抑える等のまん延防止等重点措置に伴う対応を継続して実施するよう要請がありました。
 これを受けて、本学においては、京都府の要請に従い、学生・教職員に対し、オンライン授業の活用、不要不急の外出・移動の自粛、路上・公園等における集団での飲酒の禁止、対面でのイベント等の禁止、積極的な在宅勤務の実施、飲食を伴う行事の自粛、営業時間短縮を要請した時間以降の飲食店への出入りの自粛、課外活動での感染防止策の徹底、飲食機会の感染予防(きょうとマナー)の徹底等を指示しましたのでお知らせいたします。
 今後も引き続き、学生・教職員に対し、「京都工芸繊維大学新型コロナウイルス感染症拡大予防マニュアル」にしたがって、「3つの密」を徹底的に避ける、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの基本的な感染対策を実施するとともに、「新しい生活様式」を積極的に実践し、自らの健康を守ると同時に他者にも感染させないよう徹底させるなど、感染拡大防止に努めてまいります。