京都府緊急事態措置等解除後の対応について(学内向け)

令和3年10月1日

学生・教職員 各位

新型コロナウイルス感染症対策本部長
学長 森迫 清貴

京都府緊急事態措置等解除後の対応について

 新型コロナウイルス感染症について、9月30日をもって京都府緊急事態措置が解除されました。しかし、新型コロナウイルスは、感染力が強い変異株などの影響により、未だ全国的に収束が見えず、京都府においても、特に10代~30代の若い世代の方々の感染割合は高い状況であることから、京都府における今後の対策として、「感染再拡大の抑制にむけた今後の対策」を定められ、京都府からは、大学等に対する感染防止対策の徹底の要請がなされています。
 これを受けて、本学においては、下記の取り扱いとしますので、徹底いただきますようお願いいたします。
 現在の本学の対応の概要は、大学HP(https://www.kit.ac.jp/covid-19_summary/)に掲載しています。引き続き、こちらでご確認ください。

  • 都道府県間の移動時は、正しいマスクの着用、こまめな手洗い、外出先での手指消毒設備の活用、人との距離の確保等、基本的な感染防止対策を徹底願います
  • 感染が拡大している地域との移動は自粛願います
  • 路上・公園での飲酒、ホームパーティーなどの宅飲みは控えてください
  • 営業時間の短縮を要請した時間以降の飲食店への出入りは厳に謹んでください
  • 業務遂行に支障がない場合は積極的に在宅勤務やテレビ会議等を活用し、人との接触機会を低減願います

 上記以外は、引き続き、「京都工芸繊維大学新型コロナウイルス感染症拡大予防マニュアル」にしたがってください。
 また、飲食の機会は感染リスクが特に高まります。飲食時には、「きょうとマナー」を徹底いただきますようお願いいたします。

     「きょうとマナー」

  • 適切なアクリル板や換気設備のあるお店で
  • 会話の時はマスクを着用
  • 食事前、退店時には手指消毒を
  • お店では大声で話さないでください
  • 2時間、同一テーブル4人までを目安に

 学生・教職員におかれましては、今後も引き続き、「京都工芸繊維大学新型コロナウイルス感染症拡大予防マニュアル」にしたがって、「3つの密」を徹底的に避ける、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの基本的な感染対策を実施するとともに、「新しい生活様式」を積極的に実践し、自らの健康を守ると同時に他者にも感染させないよう徹底いただくようお願いいたします。