注目研究

 本学の注目研究を毎月1つずつ紹介します。

【2022年8月】
 物質の中の宇宙~半導体ナノ構造のデザインで光に重力効果を与える~
(電気電子工学系 北村 恭子 准教授) ※紹介動画はこちら(YouTubeが開きます)

※バックナンバーはこちら

物質の中の宇宙~半導体ナノ構造のデザインで光に重力効果を与える~

 「あかっかね~」
 ようやく意味のある言葉が出てくる1歳半。私は、飛行機の中から滑走路の誘導灯を見て、母に語りかけたと言います。その時、私は「光」の存在を初めて認識したのではないかと思います。皆さんは、日々の生活の中で光の存在をどのくらい意識しているでしょうか。もちろん、朝が来て太陽が昇り、光を浴びて人々は生活をします。暗くなれば、LEDの光が我々の手元を明るく照らしてくれます。このホームページを見ているのも、インターネット、光通信の恩恵です。日常の生活の中で、意識していなくてもそこにあるものが「光」であり、その「光」を使った最先端の技術が生活の基盤となっています。

光を自由自在に操るフォトニック結晶

 光は、透明な媒質中において屈折率により制御されます。ガラスのコップに入れた水の中でガラスの棒が曲がって見える、これは空気と水の屈折率が異なるため、光の屈折が起こるから、というのを習ったことがあると思います。このように、媒質内での光の伝搬方向の制御は、空間的な屈折率分布によって行われています。2種類以上の屈折率の異なる媒質を、光の波長(100ナノメートル~1000ナノメートル、1000万分の1メートル~100万分の1メートル)程度の周期で「規則正しく」並べたナノ周期構造が、「フォトニック結晶」です。
 フォトニック結晶を用いると、光の伝搬を制御したり、特定の波長の光だけを反射・透過させたり、レーザー共振状態を形成したり、光を自由自在に操ることができます。特に、私が取り扱っているのは、フォトニック結晶の中でも、半導体薄膜上に空気孔を2次元的に配列した2次元フォトニック結晶と呼ばれるものです。

ドーナッツビームをデザインする

 1958年~1960年、レーザーの発明により、人類が光の発生をようやく精密に制御できるようになりました。太陽、エジソンランプ、蛍光灯などの他のどの光源から発せられる光よりもずっと均一な光がレーザーです。瞬時にどこまでも遠くに拡がらずに飛ばすことができる「指向性」と、大きなエネルギーを小さな領域に集めることができる「収束性」が特長です。
 一般的なレーザービームは真円(単峰)形状のものをイメージすると思います。これに対して、私の研究では、光のもつ偏光や位相という物理量を空間的に制御することで、レーザービームの形状を中心の暗いドーナッツ形状にした、ドーナッツビームを中心に研究を推進しています。ドーナッツビームの面白さの一つはその収束性です。単峰のレーザービームでは、その収束性の限界は、光の波長程度(回折限界)であり、かつ、その最も集光された状態は1波長程度の領域でしか維持できない(焦点深度)ことが分かっていました。一方で、私の研究では、ドーナッツビームを狭リング形状にして集光すると、単峰のレーザービームよりも小さく、かつ、広い領域にわたってその小さな集光点を維持できる(長焦点深度・微小集光)という特性を明らかにしてきました(図1、文献1)。このような新しい集光特性を有するレーザービームは、高精度な光加工、高密度な光記録、高分解能な顕微鏡技術などへの応用が期待されています。

図1

 さらに、ドーナッツビームの発生は、光源の外に複数のレンズなどの光学部品で構成される光学系を必要としていました。私の研究では、これをフォトニック結晶のデザインによって、1 mm角程度の小さな半導体レーザーで発生させることに成功しています(図2、文献2)。単一素子でドーナッツビームを高効率に生成できる、世界唯一の技術です。

図2

新しいフォトニック結晶のデザインで光を曲げる

 さて、先の文章で、フォトニック結晶は、2種類以上の屈折率の異なる媒質を、規則正しく並べた周期構造と述べました。ところが、最近、私はこの「規則正しい」という常識を超えて、新しい光制御の可能性を考えています。
 そこで、今取り組んでいるのが、「歪(ひずみ)フォトニック結晶」というものです。これは、フォトニック結晶を構成する格子点(空気孔)の位置を、連続的に緩やかに変化させたような構造です。この構造を用いると、屈折率一定の条件下であっても、光を湾曲させられることを見出しました(図3、文献3)。面白いことに、実は、この光が曲がる原理は、宇宙の現象を説明することで有名なアルベルト・アインシュタインの一般相対性理論で説明できるのです。一般相対性理論では、「光は曲がった空間の測地線を進む」ということを教えています。その測地線方程式を解くと、この歪フォトニック結晶での光の湾曲と良い一致が見られ、光に対して、疑似的な重力を与えていると考えることができるのです。このように、フォトニック結晶のデザインを拡張していくことで、将来的にはフォトニック結晶の中に、宇宙が表現できるようになるかもしれません。ナノ構造で宇宙、ちょっと面白いと思いませんか。

図3

【主な発表論文・関連特許】

  • [1] K. Kitamura, K. Sakai and S. Noda, “Sub-wavelength focal spot with long depth of focus generated by radially polarized, narrow-width annular beam,” Optics Express, Vol 18, No. 5, pp4518-4525 (2010).
    https://doi.org/10.1364/OE.18.004518
  • [2] 特許7057949号, 野田進,北村恭子,米雅子,”フォトニック結晶レーザ,”国立大学法人京都大学・国立大学法人京都工芸繊維大学, 出願日2018年2 月27日.
    特許情報プラットフォーム

注目研究の紹介バックナンバー

  • 2022年7月

    2022年7月
    量子化学計算支援による
    機能性ナノ材料の創製
    (材料化学系 湯村尚史 教授)

  • 2022年6月

    2022年6月
    コントローラエリア
    ネットワークの
    高速化・省線化技術の研究開発
    (情報工学・人間科学系
     梅原大祐 教授)

  • 2022年5月

    2022年5月
    疾患治療のための自己組織化
    ペプチドナノファイバーの
    開発
    (分子化学系 和久友則 准教授)

  • 2022年4月

    2022年4月
    三次元プリンタ製チタン合金の
    高性能化
    (機械工学系 森田辰郎 教授)

  • 2022年3月

    2022年3月
    天然の結晶形態を維持した
    シルクフィブロイン
    ナノファイバー
    (繊維学系 岡久陽子 准教授)

  • 2022年2月

    2022年2月
    微粒子を含むプラズマの科学
    から応用技術をめざして
    (電気電子工学系
     髙橋和生 准教授)

  • 2022年1月

    2022年1月
    ラマン分光法による
    新型コロナウイルス変異種同定法
    (材料化学系
     PEZZOTTI Giuseppe 教授)

  • 2021年11月

    2021年11月
    データマイニングと
    機械学習を用いた
    ソフトウェア開発の
    効率化手法の研究
    (情報工学・人間科学系
     水野修 教授、崔 恩瀞 助教)

  • 2021年10月

    2021年10月
    環境に優しいプラスチック
    原料を微生物で作る
    (繊維学系 麻生祐司 教授)

  • 2021年9月

    2021年9月
    境界空間としての建築
    (デザイン・建築学系
     武井誠 特任教授)

  • 2021年8月

    2021年8月
    機能創製を志向した
    有機ヒ素化学の開拓
    (分子化学系 中建介 教授)

  • 2021年7月

    2021年7月
    橋梁等の鋼構造物に吸着した
    状態で点検作業が可能な
    ドローンの開発
    (機械工学系 東善之 助教)

  • 2021年6月

    2021年6月
    顔画像からの人物の表情認識
    と表情強度推定
    (情報工学・人間科学系
     野宮浩揮 准教授)

  • 2021年5月

    2021年5月
    脳の血液循環系インターフェイス
    における恒常性制御
    (応用生物学系 宮田清司 教授)

  • 2021年3月

    2021年3月
    建築を荘厳する絵画をめぐる
    受容美学的研究
     ―「国境」を越えた一つの
    花鳥画に関する国際共同研究
    の報告を兼ねて―
    (デザイン・建築学系
     井戸美里 准教授)

  • 2021年1月

    2021年2月
    汎用プラスチックの超極細
    繊維膜で圧力センシング
    (繊維学系 石井佑弥 助教)

  • 2021年1月

    2021年1月
    機能融合に基づく新規な
    含フッ素機能分子の創製
    (分子化学系 山田重之 准教授)

  • 2020年11月

    2020年11・12月
    流体工学ワクチン
    -流体力学に基づく感染対策-
    (機械工学系 山川勝史 准教授)

  • 2020年10月

    2020年10月
    機械学習技術の社会実装−運送業
    における医療情報を基にした重症
    化発症モデルの構築に関する研究
    (情報工学・人間科学系
     岡夏樹 教授、荒木雅弘 准教授、
     田中一晶 助教)

  • 2020年9月

    2020年9月
    さまざまな植物における
    光合成の応答戦略
    −原始的なコケ植物から
    製紙原料のユーカリまで-
    (応用生物学系 半塲祐子 教授)

  • 2020年8月

    2020年8月
    有機発光材料の創製と機能
    開発
    (分子化学系 清水正毅 教授)

  • 2020年7月

    2020年7月
    パワーGaN HEMTとゲート
    ドライバの単一集積化
    (電気電子工学系
    小林和淑 教授、古田潤 助教)

  • 2020年6月

    2020年6月
    前川國男と村野藤吾の建築
    思想をめぐる歴史的研究―
    私の研究室の活動について
    (デザイン・建築学系
     松隈洋 教授)

  • 2020年5月

    2020年5月
    高速度3次元動画像計測ならび
    に超高速動画像記録技術
    (電気電子工学系 粟辻安浩
    教授)

  • 2020年4月

    2020年4月
    ミストCVD法による半導体
    形成技術
    ~パワーデバイス応用から
    ナノ構造形成まで~
    (電気電子工学系 西中浩之
    准教授)

  • 2020年3月

    2020年3月
    うごきとことば:身体科学
    と認知言語学
    (基盤科学系
    来田宣幸 教授、深田智 教授、
    野村照夫 教授)

  • 2020年2月

    2020年2月
    室温で液体のように流動する
    金属ナノ材料の開拓と高分子
    ・繊維材料への応用研究
    (材料化学系 中西英行 准教授)

  • 2020年1月

    2020年1月
    GPUスパコンによる凝固・
    粒成長の大規模phase-field
    シミュレーション
    (機械工学系 高木知弘 教授)

  • 2019年12月

    2019年12月
    超音波散乱法で拓く微粒子
    分散系の革新的技術開発と
    その応用研究
    (材料化学系 則末智久 教授)