基金事業報告

人材育成基金事業(平成30年度)

平成30年度大学基金事業報告
基金奨学生制度は、学術研究及び産業の発展に資するために、優れた若手の研究者及び技術者育成の積極的な推進を目的として平成18年度より実施されているもので、対象者は大学院博士後期課程在籍者です。
選考にあたっては、研究状況、研究計画、研究業績、自己評価、学業成績、研究指導者による評価を総合的に評価し、平成30年度は次の4名が採用されました。(後日、1名辞退。)

平成30年度採用者
  • 丸田 莉奈(バイオテクノロジー専攻)
    「FGF-7 内包化多角体を用いた in vitro 培養系の構築」
  • 公文 達也(物質・材料化学専攻)
    「直接的分子変換法を駆使した含フッ素ドナーアクセプター有機半導体の簡便合成法」
  • 西浦 生成(設計工学専攻)
    「深層学習によるテストプロセス全自動化への取り組み」
  • 林 琳(建築学専攻)
    「東アジアの視点から見た日本中世寺院建築の架構技術に関する研究」
平成29年度授与式(平成29年9月)
平成30年度採用式(平成30年9月)

指定基金事業(平成28年度)


・KIT同窓会・KIT若手研究者支援プロジェクト
・学生フォーミュラ参戦プロジェクト“Grandelfino”
・ROBOCON挑戦プロジェクト“ForteFibre”