奨学寄付金制度

寄附金とは、本学において、学術研究に要する経費等、教育研究の奨励を目的とする経費に充てるべきものとして、企業等外部の機関から受け入れる現金及び有価証券です。

また、本学への寄附金は、法人税法、所得税法等による税制上の優遇措置が受けられます。法人の場合は、全額を損金に算入することができます。個人の場合は、寄附金の年間合計が2千円を超える場合、その超えた金額を総所得金額の40%を上限として所得控除できます。

詳細は「研究戦略推進本部 産学公連携室」Webサイトをご覧下さい。