COI

社会実装

「COI事業」とは

COIは、文部科学省実施事業であるCenter of Innovationの略称です。国立大学は、革新的イノベーションの中核機関として、産業界に貢献することが求められています。

COIヘルスサイエンス拠点

本学では、平成25年度にCOIヘルスサイエンス拠点を設置しました。同拠点では、近年の少子高齢化に起因する様々な問題に対処すべく、
①高齢者や認知症罹患者が自立して安全に過ごすことのできる住空間・住宅設備・家電といった住環境の整備に必要な研究開発 
②自宅を核にして家族やコミュニティとの繋がりを維持し、社会参加やコミュニケーションを支援するための機器の開発 
を行ってきました。  

グリーンイノベーションセンター

また、平成27年11月にはグリーンイノベーションセンターを設置し、今まで推進していた「エネルギーの高効率利用」に関する成果を発展させ、京都地域で推進されている「京都次世代エネルギーシステム創造戦略」に参画し、研究者の集積を図り、本学の機能強化事業(グリーンイノベーション)との密接な連携のもと、グリーンイノベーション分野の研究拠点確立も目指しています。

新規材料開発に関する最先端研究

さらに、「高分子・繊維材料」分野の機能強化事業として、高分子研究グループを中心に英国・フランス・ハンガリー・カナダ・シンガポールに拠点を置く海外の5大学と、新規材料開発に関する最先端研究を軸としたユニット誘致および招致を行っています。具体的な研究内容は以下のとおりで、今後も相手先の大学を拡充していきます。

COI事業に関する取り組み