COC

地域貢献

「COC事業」とは

本学は、歴史ある京都の文化をバックグランドとして、ものづくりやデザインなどの工学分野で実践的な高度専門技術者を養成する教育を行うとともに、地元企業との共同研究など、地域に密着した教育研究活動を展開しています。特に、工科系大学が設置されていない京都府北部地域では、京丹後市から土地・建物の提供を受けた「京丹後キャンパス」を拠点として、北部に集積するものづくり企業が有する技術・経営課題の解決を図るための取り組みや小中学生への理数教育支援を推進してきました。

文部科学省COC+事業に採択

2013年からは、大学COC事業「京都の産業・文化芸術拠点形成とK16プロジェクト」を、舞鶴工業高等専門学校とともに京都府北部の自治体や企業などと連携し、地域課題の解決や産業創出を目指すなど全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。2015年には、これまでの教育・研究の蓄積や地域との連携、大学COC事業の成果、地域の現状を踏まえ、特に人口流出が進む京都府北部・中部地域を中心として、府内各地の地域創生を担う人材育成を推進する「北京都を中心とする国公私・高専連携による京都創生人材育成事業」がスタート。この取り組みは、文部科学省COC+事業に採択され、大学COC事業とともに推進しています。

地域創生Tech Program

2016年4月には、福知山キャンパスを拠点に、地域産業の活性化や地域課題の解決に取り組む技術者を育成する「地域創生Tech Program」を開設。このプログラムをCOC+事業の核とし、地域密着型大学としての機能をさらに発展させ、地域のニーズに応じたさまざまなプロジェクトを展開することで、地域の活性化に貢献していきます。

その他 COC事業に関するリンク