スーパーグローバル大学創成支援事業

最新情報

OPEN-TECH INNOVATION~世界に、地域に、社会に開かれた工科大学構想~

文部科学省は、我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、海外の卓越した大学との連携や大学改革により徹底した国際化を進める、世界レベルの教育研究 を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学を支援する「スーパーグローバル大学創成支援」事業を実施しています。
本学は、本事業のグローバル化牽引型(タイプB)に申請し、平成26年9月26日に公表された選定結果において構想が採択されました。
事業が終了する10年後には、国内外の工学研究、産業、教育に関わる一線級の研究者、企業人、技術者が、京都工芸繊維大学に集い、イノベーションの創発や世界的ネットワークのASIAN HUBを形成するとともに、あらゆる国の産業基盤と地域社会のグローバル化を支えるリーダーシップを備えた国際的高度技術者(TECH LEADER)を養成する中核的工科大学となることを目指します。

本学スーパーグローバル大学創成支援事業の基本理念は次の図で示されます。

sgu_outline

本事業の取り組みは、3つの「魅力化」に集約されます。